製造業は”ハードのものづくり”と”ソフトのものづくり”の融合が必要

製造業コンサルタントの井上です。

現在は、テクノロジー無くしては生活できない、またビジネスもできません。今だに顧客へ連絡するのにすべて手紙という人はいませんよね?

また製造現場でも、金属加工でもNCでやった方がよいのに、すべて汎用機をそろえている会社はないですよね?

この様に、私たちの人間はテクノロジーのおかげで、今の生活、今のビジネスが可能になっています。

そのテクノロジーは特に①エネルギー、②物流、③コミュニケーションの3つになります。

例えば、ほんの一部例を書くと、

① 人力 ⇒ 蒸気 ⇒ ガソリンによる内燃機関 ⇒ ジェットエンジ等

② 人力車 ⇒ 汽車 ⇒ トラック ⇒ 飛行機 ⇒ ロケット等

③ 人が手紙を運ぶ ⇒ 馬車で手紙を運ぶ ⇒ 電話 ⇒ FAX ⇒ メール など

この様に、①エネルギーが進化(発明、発見)、②物流が進化、③コニュにケーション手段が手軽に早く、安くなってきました。

これらを背景に、さまざまな社会の仕組みが変わり、出来ることが多くなり、ビジネスに繋がり、私たちの社会を作り上げてます。

現在は、物理的な変化からソフトウェアと通信との融合により、今まで以上の「変化」が起きています。まさにこれからという段階です。

従って、製造業はものづくりですが、ソフトウェアや通信などいわゆるICT、またはIoTでより「変化」が起きてきます。

製造業の現場は「ハードのものづくり」には慣れていますが、生産管理やIoTなどソフトウェアやネットワークの活用など「ソフトのものづくり」には長けていないケースが多いです。確かに、畑違いであることは事実です。ただ、今後、製造業がただものをつくるだけの時代は終わると予想します。徐々に自動化・ロボット化が進み、人が介在しないものづくり増えてくるでしょう。その仕組みを支えるものが「ソフトのものづくり」になってきます。

「ソフトのものづくり」が「製造業のデジタル化」をより加速させます。

さまざまな「ものづくり」が存在します。それぞれの分野で「ハードのものづくり」だけでなく「ソフトのものづくり」も少しでも意識して取り入れてもらえればと思います。