ものづくり企業の経営力「33」の視点

ものづくり企業の経営力「33」の視点とは

現在、多くの製造業、特に受託型製造業、加工業に、実際に行っているコンサルティングを「社長不在でも、現場が回り、現場が強くなる仕組み」という視点でなるべくわかりやすくお伝えいたします。

これに必要なるのが「ものづくり企業の経営力「33」の視点」のになります。

従業員数20名以上~100名前後受託型製造、加工業対象になります。

多くは、45名を超えて50~80名で顕在化してくる「問題点」をクリアするために必要な”処方箋”になります。

重要なのは社員である”人”です。”人”は非常に大切です。その”人”を活かしていくためにも、まずは「仕組み化」が重要です。

”人”を活かすための「仕組み」と考えてください。

社長不在でも現場が回り、現場が強くなるコンサルティング32
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託型製造業の 「提供する価値」=「商品力」は、日々の生産活動(マネジメント)
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
製造業ものづくり企業の経営力の視点3
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
社長不在でも現場が回り、現場が強くなる
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
製造業ものづくりの経営力
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→

<製造>ーーーーーーーーーー
 ●(加工)工程設計・生産技術力 /(装置)構想設計力
 ●現場コントロール力(生産管理)
 ●課題発見力
 ●現場改善力
 ●見える化力
 ●設備力
<販売>ーーーーーーーーーー
 ●新規顧客接触力
 ●人的営業力
 ●関係構築力
<全社>ーーーーーーーーーー
 ●経営者自身の特性を知る力
 ●経営チームの力
 ●現状把握力(社内外)
 ●企業文化
 ●ミッション浸透力
 ●戦略構築力(未来を創る力)

 ●イノベーション力課題設定力
 ●決める力(優先順位を付ける力)
 ●伝えて・意識させる力
 ●決めたことを確認・徹底する力
     (実施事項の推進力)
 ●責任力
 ●コミュニケーション力
 ●組織連動力(組織一体化)
 ●人財採用力
 ●人財育成力
 ●人財定着力(エンゲージメント力)
 ●仕組み化力
 ●デジタル・自動化推進力(DX)
 ●財務・会計力/資金調達力
 ●投資力
 ●リスクマネジメント力
 ●アグリゲーション力

受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
社長不在でも現場が回り、現場が強くなるコンサルティング5
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→
受託製造加工業に対するコンサルティングの考え方→

お問い合わせバナー