製造業経営コンサルタントの井上です。

中小製造業の特に受託製造業、加工業は、自社製品がないので受け仕事であるので、日常の活動が自社の商品であると常々伝えております。

言い変えれば、自社が提供する価値です。

メーカーの場合は、開発力が重要になります。前提として、受託製造業・加工業同様に現場力が重要です。

受託製造業の「商品力」の中に、当然技術力も入ってます。

詳しくはこちらへ、

中小製造業が会社を強くしていくには、攻めと守りがあります。

今回は、守りについてです。(これが攻めるために重要な要素にもなります。)

受託製造業・加工業の「商品力」を見て頂いたと思いますが、マネジメントの部分がいいですが、技術力も当然あります。

その技術力が良い悪いとあるのですが、その前提条件の従業員のスキル(力量)が非常に重要です。

当たり前ですが、70~80名規模以下の会社では、スキルマップ(力量)が真剣に考えられており、明確になっている会社は少ないのではないのでしょうか?

私も、ISOを取得し運営している会社はありますが、やらなければいけないからやってますという会社がほとんどです。これが現実です。

大手企業は、スキルも明確になっており、教育もされて、多能工も進み、更に機械の自動化も進み、システム化も進んでいます。

中小製造業は?

スキルアップがやらなければいけない理由が、単位が「個人」だからです。

もう少し分かりやすく言うと、マネジメントは組織で行うことなので、10人のうち2人が優秀ならなんとかなる場合があります。

スキルアップは、個人個人の能力を上げる必要があります。会社として、あらゆる教育する「場」や「ツール」などを用意できれば良いのですが、意識が高くない会社では「OJT」という名の放置です。

個々人のもともとの能力が低い場合、最悪、人材を募集しないといけない事態になります。また時間がかかってしまいます。

「マナジメント」は組織で動くので、一部の優秀なメンバーを中心に進歩ができ改善し易いですが、個人の能力アップである「スキル(力量)」は時間がかかります。

多能工化するにも、上司の仕事を部下に振っていくときでも、結局、他のメンバーのスキルが低いために、新しいやり方、体制を作り辛くなります。そして、今まで通りが続いてしまいます。

ぜひ、最終ネックになりやすい「スキルアップ」は、やって損はないことは間違いないので、重要事項として常に取り組んでいきまましょう。

よく読まれる記事

中小の金属加工業の今後、未来とは?
下請け製造業の活きる道・戦略
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧