技術伝承は、修行するのでなく研究して言語化しろ!

製造業経営コンサルタントの井上です。

製造業の現場が高齢化して、技術をどのように伝承していくという話題がよく出ます。

その中で、ベテランがいる時にしっかり教えてもらえ以上!

という会社が多い。

これって適当に人任せしているだけ。

今まで、技術伝承が進んでいないのに、上手く行くことが少ない。

逆に上手くいった場合は、なぜ、今までできなかったのか?という疑問も出てくる。

 

どんな商売も「商品力」が重要。技術は、受託系製造業では自社の「商品力」を構成する重要な要素

 

技術を伝承は当たり前、技術を高めるマネジメント方法を模索してほしい。

そのために言っていることは、

「技術伝承は、修行するのでなく研究して言語化しろ!」です。

言語化とはもう少し表現を変えると、ドキュメント化です。

要は、文章やイラストや今は動画でもいいです。

何か、人の記憶に頼るのでなく、別の媒体にまずは移転することが重要。

 

また堀江貴文氏ことホリエモンが「寿司職人に修行はいらない」で炎上してましたが、どんなビジネスでも修行という概念はいらないでしょう。

「修行」でなく「研究」をする。

言葉自体が前向きな表現になるし、より確実に技術伝承が進むことになります。

 

改めて、「技術伝承は、修行するのでなく研究して言語化しろ!」です。

更に「すべてのマネジメントは、商品力アップ(技術)に寄与させる。」です。

具体的な方法は、いろいろありますので、お気軽に問合せ下さい、

(Ping:ペイングやろうかなぁ。。)