会社の性格は、社長の性格に比例する。

社長以上に会社のことを考えて、行動する人材が、幹部がいるでしょうか?

 

もしいる場合は、かなり幸せな会社でしょう。

 

ほとんどの社長はその様な人材がいなくて、嘆いていることが多いです。

 

でも、その原因は?と、問いかけると、良い人材が取れないとか、勉強しないとか、自発的に決めて実行しないとか言われます。

 

物事には、すべて原因があります。先程の現象の場合、原因は、ほとんどが社長にあることが多いです。

 

会社、法人の性格は、社長の性格に比例します。良いも悪いも。

 

社長がすべてを決めると、社員は何も決めなくなります。

 

社長が、社員にやってほしいと思っているを、毎日言っているのに、分かってもらえない、もしくは実行してくれないという社長は多い。

 

やはり原因は何か?対策として、”具体的”な行動を社長は起こしているのでしょう?

 

何事も、なんとなくでは物事は動きません。”具体的”に、何かをしなければ、社員は自発性をもって、会社のことを考えて行動するようにはなりません。

 

何も言わずにやってくれる社員がいるのは、非常にラッキーなことです。それに甘えずに、”具体的”に会社を良くするための行動を経営者は実行して頂きたい。

 

会社の為に、社員の為に、社長自身の為に。

 

社長の想いを社員に伝える為に会社に神経を通す