ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロールする!

コンサルティング現場では、業績の良い会社、悪い会社さまざまな状態にある。

どの会社を見ても同じ会社はない。

景気の良い業界なのに、業績に格差がある。従業員の満足度、顧客の満足度、経営者のやりがたいなど

さまざま違ってくる。同じ業界でも、企業規模の違いによっても違ってくる。
よくコンサルティングの現場で、「良い結果」「悪い結果」には、必ず理由、原因がある。と言っています。

会社を良くする為に、その「理由」「原因」を突き止めることが必要になります。

できるだけシンプルに。しかし、シンプルすぎずに。
この時に、「良い結果」「悪い結果」を因数分解、要素分解をすることによって解決策が見えてきます。

”風が吹けば桶屋が儲かる”的なことです。
「結果」を因数分解・要素分解することによって、より「結果」をコントロールできる可能性が高まる。

 

ぜひ、経営もファクトライズして、それを会社の仕組み落とし込んで、会社の業績をコントロールできる仕組み化を進めて頂きたい。

また、具体的なファクトライズの方法などをお伝えしていきます。