先日、私のものづくり経営研究会でメンバーとデンソーへ工場見学をして来ました。

デンソー西尾製作所の410工場です。(デンソーは、製作所内の個別の工場を番号で呼んでいるそうです。)

当たりまでですが、デンソーはやはり凄かったですね。

西尾製作所の410工場では、カーエアコン、熱交換器を製造しています。

工場見学や説明、またそこで働いている人から感じ取れたことまとめておきます。

・工場外の敷地で無駄なモノが置いていない
・工場内でも無駄なモノが置いていない
・生産が極限まで自動化されている
・生産設備がより転用可能にする為、短期的な発想で作られていない。
・設備はすべて自社内でメンテナンスをすることが原則。
・メンテナンスする為に、汎用機も含め図面提出が義務付けている
・メンテナンス(保全)人員は、全体の1割
・高い機械は止めない
(大型樹脂成形機1800tでも、段取り替え5分(自動)、1~2ショットで良品が出きるように熱を掛けている。)
・手作業はずべて工程変更、設計変更してでも1つの工程にまとめる
(工程間に手作業工程が入ると、生産数量変動に対応しにくいため)
・自動車メーカーからの発注は、2時間前。(完成品は3時間分持つ)
・生産指示は、工程別在庫が減った分だけ生産する(カバン方式)
・多品種変量生産で、ラインの中で様々な車種の部品が流れている。
・大物部品の移動をできるだけ少なくする工場レイアウトにする。
(樹脂成形が工場の中心にある)
・検査は、不良品を見つけるという発想でなく、良品であるという確認という発想でする。
・不良は、数百個に1個。しかし、ユーザーにとっては、不良にあたった人にとっては100%不良であるので、その一人の為に絶対不良は出さない。
・レクサスは、検査のレベルが違い、検査は2回行う。
・工場の雰囲気、設備、その他から感じられることは、すべて良いものを早く、正確に生産する為に取り組んでいるということが感じられる。

一番凄いと思うことは、当たり前のことを、自分たちの顧客の為に、関わる人が真剣に考えて、実施・実行していること。

人間の行うことなので、様々ことがあり物事が進まないことがあると思いますが、目的意識、改善意識が圧倒的に高い強いことが工場見学を通じ感じることが出きました。

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧