製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年11月の鉱工業指数(生産)の四輪自動車を見てみます。

消費税増税後、自動車の生産が減少続いています。やや止まってきた感じです。

また自動車部品関連の減少はまだ止まりません。

鉱工業生産指数(品目)四輪自動車 2019年11月

鉱工業指数(付加価値額生産)四輪自動車

鉱工業生産指数(品目)自動車部品 2019年11月

鉱工業指数(付加価値生産額)自動車部品関連

鉱工業生産指数(業種別)自動車・輸送機械工業 2019年11月

鉱工業生産指数 (業種別) 自動車・輸送機械工業 

鉱工業生産指数(業種別)自動車工業(乗用車・バス等) 2019年11月

鉱工業指数 業種別(付加価値額生産)自動車工業 

鉱工業生産指数(品目別)タイヤ・ゴム製品 2019年11月

鉱工業生産指数(品目別)タイヤ・ゴム製品 2019年10月

2019年12月までの自動車関連ニュース

テスラ「CYBERTRUCK」は、自動車業界の本当の破壊者になるか
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
 自動車は100年に一度とも言われる変革期。未来のクルマが今より“わくわく”する存在になると予感させるのは、私見ながら電気自動車(EV)メーカーの米テスラだ。米ビッグスリーのドル箱であるピックアップトラック
ロイター: トップニュース
[ベルリン 4日 ロイター] – ドイツ自動車工業連盟(VDA)は4日、今年の世界の自動車販売台数について、前年比5%減と世界金融危機以来、最大の減少との見通しを示し、その結果、来年は国内で人員削減が強ま
GIGAZINE
アメリカは中国の大手通信機器メーカーであるHuaweiに対し、「安全保障上のリスクが存在する」と主張しており、取引の禁止や製品の直接購入を禁止するなどの締め付けを強めています。そんな中、ドイツに駐在する中国大
日経ビジネス電子版 最新記事
 当然のことながら、2020年に異変が起こるのは「出前産業」だけではない。自動車、電機、小売り、ITの主力分野も20年は「大転換」の年となりそうだ。
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
ソフトバンクとトヨタ自動車が共同設立した「モネ・テクノロジーズ」は、自動車とAIを組み合わせた新たなサービスをつくろうとしている。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「AIや金融サービスを持つソフトバ
中国が描く日米欧を超える「自動車強国」の本質
東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
中国は生産・販売の両面で「自動車大国」の地位を固めているものの、内燃機関車技術で中国メーカーが日米欧メーカーにキャッチアップするのは簡単ではない。
自動車業界で大型合併も 日産とホンダ統合に経産省が動く
日刊ゲンダイDIGITAL
 ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合に続くのはどこか――。IT業界では「次はメルカリ争奪戦が始まる」といわれるが、再編はネット関連に限らない。自動車業界で大型合併が囁かれはじめている。
NNA.ASIA
アジア経済ニュース 中国-上海 車両 中国自動車最大手の上海汽車集団(上汽集団)は24日、同業の広州汽車集団(広汽集団)と戦略提携に向けた枠組み協定を結んだと発表した。中核技術の開発などで協力し、「100年に1度
ビジネス+IT HotTopics
自動運転をリードするのは?  5Gは、自動運転からデジタルヘルス、VR、ストリーミングサービスまで、大きな変革をもたらすといわれる。自動車関連のマーケットリサーチ会社、TUオートモティブによると、米国での5G関
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
今、世界の自動車業界が“100年に一度”と言われるほど、急激かつ大きな変革期を迎えている。
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 自動車産業は「100年に一度」とも言われる大変革の最中にある。独ダイムラー(Daimler)が提唱した「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」に代表されるキーワードが生まれ、新たな技術やサービスの
CASEを見越した再編が加速 2019年の自動車・部品業界
M&A Online
自動車および自動車部品業界の2019年は、次世代技術の「CASE」をにらんだ業界再編が本格化した1年だった。CASEとは「Connected(コネクテッド=インターネットとつながる)」「Autonomous(自動運転)」「Shared&Services(カーシ
自動車業界で囁かれる日産とホンダの経営統合 ヤフーとLINEに続くか【2020年大胆予測】
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
 ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合に続くのはどこか――。IT業界では「次はメルカリ争奪戦が始まる」といわれるが、再編はネット関連に限らない。自動車業界で大型合併が囁かれはじめている。
Newsweek 最新記事
<世界の自動車メーカーが、生き残りをかけてグローバルに再編し、労使が団結するなか、韓国の自動車産業は労働組合に阻まれている……>
日本も自動車産業の「後発国」だったのに、どうして世界のトップに立てたのか=中国メディア
 中国メディア・東方網は23日、「日本の自動車企業は欧米企業に比べてスタートが遅かったにも関わらず、世界の中で頭角を現すことができたのか」とする記事を掲載した。
レスポンス
このプログラムは、「トヨタIPソリューション」と命名された。米国をはじめ、世界の企業に対して、トヨタが持つ特許をライセンス供与することを目的としている。
2020年記者予想 自動車業界の注目は米中加えた新たな「CASE」
日経ビジネス電子版 最新記事
[画像のクリックで拡大表示]  「100年に一度の変革期」とされる自動車業界。2020年も「CASE」と呼ばれる次世代技術の実現に向けた開発競争が進む。ただ、SBI証券の遠藤功治氏は「もう一つの『CASE
文春オンライン
 クリスマスイブの夜、発足したばかりの日産自動車の新体制が崩壊した――。
フォルクスワーゲンは2020年、本格的な「EVの時代」に向けて舵を切る|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp
フォルクスワーゲンにとって2019年は極めて重要な年だった。長らく続いた内燃機関の時代から大きく舵を切り、本格的な電気自動車(EV)の時代へと方針転換する決断を下したからだ。鍵を握るのは、20年に欧州を皮切りに
産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧

ソリューション

ものづくり企業の経営力の視点
ものづくり企業向けWEBマーケティング
ものづくり現場の賃金評価制度
ロボット導入自動化コンサルティング
技術技能伝承コンサルティング

よく読まれている記事

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略

デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する

組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧