製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年12月の鉱工業指数(生産)の四輪自動車を見てみます。

消費税増税後、自動車の生産が減少続いてましたが、それ以外の要因で下がってきている。その要因がまだわからない。

鉱工業生産指数(品目)四輪自動車 2019年12月

鉱工業生産指数(品目)自動車部品 2019年12月

鉱工業生産指数(業種別)自動車・輸送機械工業 2019年12月

鉱工業生産指数(業種別)自動車工業(乗用車・バス等) 2019年12月

鉱工業生産指数(品目別)タイヤ・ゴム製品 2019年12月

2020年1月までの自動車関連ニュース

日本経済新聞 電子版
自動運転や電動化など「CASE」時代の到来でトヨタ自動車や大手サプライヤーが対応を急ぐなか、苦境が色濃く出ているのが愛知県の中小部品メーカーだ。得意の技術をいかして車業界以外と取引を増やしたり、ICT(情報通
電波新聞デジタル:電波新聞社のニュースサイト
車載ソフト開発支援など 自動車業界に次世代技術の潮流「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」が広がる中、情報サービス各社が関連市場の開拓に力を入れている。日立ソリューションズは4月から、
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
「生き残りをかけて真の競争力を身につけるために、仕事の量ではなく質を追求する。これらを実現するために、個々が働きがいのある充実した人生を実現させる。働き方においてもアイシンならではの新たな価値を生み出
自動運転ラボ
トヨタの豊田章男社長の年頭挨拶がYouTube動画で公開された。冒頭、静岡・東富士に建設する「コネクティッド・シティ」についての構想を紹介し、今後の自動運転をはじめとしたスマートシティへの取り組みについて熱く
株探 | 【株式の銘柄探検】サイト – 株式投資の銘柄発掘をサポート | かぶたん
―20年後に150兆円の市場が待つ、夢のマーケット創出で色めき立つ株式市場―
「日産・三菱・ルノー」連合にもう1社加わる可能性も!まさかのホンダはある?
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
「自動車再編」新しい連合へ号砲、焦点はホンダ  海外逃亡した日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告。2018年11月に逮捕される前、日産と仏ルノーの経営統合を画策していた。「世界の自動車メーカーのトップになる
日刊自動車新聞 電子版|日刊自動車新聞
ギャラリーへ いすゞ自動車が生き残りをかけた戦略を加速している。自動車業界のトレンドであるCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)対応で遅れないため、他社と提携する上での障害となっていたトヨ
自動運転ラボ
2019年、日本全国で自動運転技術の実証実験が各地で盛んで行われた。2020年は東京オリンピックに合わせて大手自動車メーカーが軒並み参加する過去最大規模の実証が行われ、法改正により自動運転レベル3(条件付き運転自
先進のアナログ半導体で未来のニーズに即応
日経 xTECH Special
アナログ・デバイセズが挑むクルマの未来2019 特別対談 自動車産業の低成長時代に勝機を探る 先進のアナログ半導体で 未来の多様なニーズに即応 自動車産業がいわゆる「CASE(Connected、Autonomous、Shared/Services、Electric)」を
『自動運転バス』の始動に向けた取り組みが相次ぐ
紀伊民報社
三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行しております。このたび、マーケットレポート「『自動運転バス』の始動
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・カーグラフィック
MaaSやCASEのキーワードとともに、しばしば「100年に一度の変革期」という言葉が飛び交う自動車業界。その都度うなずきはするものの、筆者は心のどこかで、ホントかな? なんて思うこともある。
ニュース速報(総合)
 クルマの自動運転や電動化の波は、新しい市場を生み、自動車業界には変革を迫る。勝ち残る企業の条件とは。週刊エコノミスト1月28日号の巻頭特集「自動車革命で伸びる会社」よりダイジェストでお届けする。【エコノ
ロボスタ
東京ビッグサイトで開催中の「オートモーティブ ワールド」では、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における先端テーマの最新技術が一堂に介している。 2日目の16日は
マイナビニュース
アイシン社長が語る、EVで日本電産に負けない理由
ASCII.jp - トップ
トヨタグループの主要部品メーカーであるアイシン精機は事業のスクラップ&ビルドを進め、自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング&サービス、電動化の四つの技術トレンド)領域に経営資源をシフトして
レスポンス
2019年、ゴーンショック、テスラモデル3のブレーク、米中摩擦など大きく揺れた自動車業界だが、2020年も、トヨタがCESで企業主導のスマートシティ構想を発表し、ソニーはショーケースモデルながら走行可能なEVを発表する
日本経済新聞 電子版
[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
なぜ中国IT企業はこぞって自動車産業に投資するのか
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
 百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)、騰訊(テンセント)……日本でも有名なこれらの中国IT(情報通信)系企業は、さまざまな分野に投資している。その中心は自動車産業だ。
MONOist 最新記事一覧
 100年に一度の変革期を迎えているといわれる自動車業界。今やCASE(コネクテッド、自動運転、シェアード、電動化)、MaaS(Mobility-as-a-Service)などといった言葉に代表されるように、従来のようにいいクルマを作って売れ
MONOist 最新記事一覧
⇒連載『サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会』バックナンバー
車載電子部品:CASEで搭載増える車載電子部品、ボトルネックとなる信頼性評価の受託強化 (1/2)
MONOist 最新記事一覧
 自動車業界の変化として、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアード、電動化)がトレンドとして注目されているが、この流れの中でクルマへの搭載が急速に増えているのが、車載用電子部品である。しかし、大幅に増
自動運転ラボ
2019年開催の会場風景=出典:リードエグジビションジャパン社プレスリリース2020年1月15日から17日までの3日間、東京都内の東京ビックサイトにて自動車業界世界最大級の専門展である「第12回オートモーティブワールド」
自動運転ラボ
自動運転技術の社会実装が年々高まり、少しずつではあるが自動運転が身近な存在となってきた。過熱し続ける開発現場では専門知識・技術を有するエンジニア不足が常態化し、人材育成が一つの社会課題となっている。
トヨタ系部品各社、「CASE」を深掘り
日経新聞 速報
アイシン精機やトヨタ紡織などトヨタ自動車系の部品各社もCESで、コネクテッドカー(つながる車)などの「CASE」を深掘りする技術を打ち出した。
日経ビジネス電子版 最新記事
 SUBARU(スバル)は1月20日、報道陣やアナリストなどを対象に技術説明会を開いた。技術分野に特化した説明会を開くのは、2018年6月に就任した中村知美社長の下では初めてのことだ。中村社長は「100年に一度といわれる変
産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧