製造業経営コンサルタントの井上です。

今日は、部品加工業がロボット導入する為のセミナーで話してました。

ただ、終わった後に、この記事を発見!

肌感覚と現場にいろいろ行っている身では感じてましたが、エビデンスが出てきたことに驚きです。ただ外国の企業に対してという点は、少し考慮しないとイケないかもしれません。

簡単にまとめると

  • 産業用ロボット未導入企業でも全要素生産性が100ポイントから200ポイントに向上していますが、導入済み企業は100ポイントから300ポイントに増加しており、産業用ロボットを導入すると企業の全要素生産性が倍近く伸びることになります。その差の中でも、直接的な効率化による影響は約70ポイント弱、間接的な効率化は30ポイント弱を示しており、産業用ロボットの製造現場への影響は単なる生産ラインの効率化だけにとどまらない。
  • 研究チームによると、産業用ロボットを導入した企業は5年以内に20%から25%もの産出量の増加がみらる。
  • 「ロボットが仕事を奪うのでは?」という一般的な懸念に反して、産業用ロボットを導入すると総雇用が約10%増加することも判明。
  • 高いスキルを要求するような製造業は産業用ロボットの導入を行わないということや、そのような企業では産業用ロボットの効果が低いこと、輸出業はその他の業種よりも産業用ロボットの導入率が高いことなども判明しているそうです。
(gigazine「「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差をグラフで可視化するとこうなる」より

よく読まれている記事

中小の金属加工業の今後、未来とは?
下請け製造業の活きる道・戦略
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧