製造業経営コンサルタントの井上です。

MRデバイスのAR/MRの進化のポイントに、重さがあります。「Hololens2」が発売になりましたが、重さまだ重い。。。

Hololens2(Microsoft HPより)

そのような中、約170gの重要でかなり軽量です。

あとは価格がどの程度になるかが気になるところです。

あとは”バッテリー容量は1,750mAhで、駆動時間は2時間となってます。これは短すぎですが、有線でバッテリーにつなぐことができれば実用に耐えられる可能性があります。

このようなMRのデバイスが複数発売され、様々な用途で使えるというイメージが広がれば、関連サービスも充実してきて導入しやすくなると思ういます。

ぜひマイクロソフトのHololensのyoutubeを見ると、使用のイメージが広がります。

Hololens

よく読まれている記事(MR関連)

AR,MRで職人のコモディティ化が進む
製造業でのHolones (AR,MR)の 活用動向と事例研究 ①
製造業でのHolones (AR,MR)の 活用動向と事例研究 ②
製造業でのHolones (AR,MR)の 活用動向と事例研究 ③
多能工化技術伝承で動画で解決
楽しみ! 「VR:AR:MRビジネス EXPO 2019 TOKYO (VR EXPO)」
MRデバイスThirdEyeの「X2」

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧