電池業界

  1. さいたま市に水素ステーション−ホンダ、岩谷産業などと共同で

    なんとホンダや岩谷産業など、共同で私が住んでいるさいたま市に水素ステーションが出来るみたいである。神奈川県がEVならば、水素・燃料電池車(FCV)は埼玉…

  2. 電池関連技術の開発進歩がめざまし!EV航続距離延長の可能性

    パソコンはもとより、自動車やスマートフォンまでさまざまな電子機器等に使用されるリチウム電池。電池の開発が進んでいる。リチウムイオン電池の次は、リチウムイ…

  3. 会社の未来が見える方程式

    毎日、産業財分野のコンサルティングを行っています。今日も、ある装置のセットメーカーへ行っていました。コンサルタントなので、現状ある課…

  4. 製造業 経営コンサルタント

    ガソリンスタンドの休廃業・解散とBMW i8

    ガソリンスタンドの倒産・休廃業・解散が、帝国データバンクの報告で前年度比25.9%増になった。2013年度のガソリンスタンド経営業者の倒産は39…

  5. 製造業 経営コンサルタント

    成長産業に裏方にFOXCONN(フォックスコン=鴻海精密)あり

    5日のソフトバンクのロボット事業参入のニュースは、紙面を賑わしました。流石、孫社長というところです。見ている未来の時間軸が違いますし、行動力が違います。その中で…

  6. 製造業 経営コンサルタント

    パナソニック、自動車用電池の今期設備投資額を280億円以上へ

    パナソニックはBtoB分野への戦略シフトをして、実行段階に入ってきています。今年に入りパナソニックで製造している装置で、電池関連が動き出したと聞いていま…

  7. 製造業 経営コンサルタント

    次は燃料電池車

    トヨタとテスラ、RAV4 EV の共同プロジェクト終了へ、テスラが発表した。これに関するトヨタ自動車からの発表はまだない。これに関しては、環境問題や政治的な…

  8. 製造業 経営コンサルタント

    (燃料電池関連ニュース)燃料電池車の普及に必要な水素ステーション、神戸製鋼が設置面積を半減

    燃料電池車普及の10年後に普及する為のネックは「水素ステーション」であると考えられている。まだ課題は多いと思うが、少しずつ主要企業が取り組みを加速しつつ…

  9. 製造業 経営コンサルタント

    ハイブリット車(HV、PHV)の次は、燃料電池車(FCV)が有望

    数年前に、燃料電池車が話題となりリース販売で官公庁等に販売したことが思い出される。その後、プリウスが順調に販売を伸ばし、HV、ハイブリット車が売れに売れてい…

社長が不在でも現場が回り、現場強くなる仕組み化コンサルティング

社長が不在でも現場が回り、現場強くなる仕組み化コンサルティング

記事カテゴリー

  1. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  2. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  3. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  4. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  5. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
PAGE TOP