(blog)産業財・生産財メーカーの遠距離戦略・近距離戦略とは?(1)

【産業財・生産財(製造業商社)コンサルタント 井上雅史のブログ「産業財・生産財コンサルティング.com」 】


こんにちは。 今日は、産業財・生産財メーカーの戦略に方向性につ

いて、最近、コンサルティングで実施していることをお伝えします。
それは、遠距離戦略と近距離戦略を分けて考えることからはじめます。
遠距離、近距離は文字通り自社からの距離のことです。


産業財・生産財メーカーの場合、装置業なのか加工業なのかによって、自社の顧客までの距離は違ってきます。これは自社の扱っている製品や技術によって違ってきます。製品・技術の「競合度」と「技術力」の高さによって変わるのです。

要は、

  技術力が高い → 競合が少ない → 商圏が広くなる
  技術力が低い → 競合が多い  → 商圏が狭くなる

となります。その商圏の目安が、自社から60~100kmを目安に営業戦略が変わってくるというものです。それが先ほどの「遠距離戦略」と「近距離戦略」なりまります。営業のやり方が違ってくるというものです。
ぜひ一度、自社の顧客が距離でどの程度の距離が多いのか見てください。

次回は、「遠距離戦略」についてお伝えします。

=====================================================================
【産業財・生産財のコンサルティング分野(工場向けマーケット)】 一般機械機器・産業機械(印刷機械、食品機械、包装機械、液晶・半導体装置、など)、 セットメーカー・エンジニアリング会社、電子・電気機器、電機制御、機械工具商社、 修理・保全メンテナンス、電設資材商社、管工機材商社 など
【産業財・生産財のコンサルティング分野(店舗。事務所向けマーケット)】 包装資材、紙器・紙工、印刷業 など ====================================================================