製造業経営コンサルタントの井上です。

今日は日曜日ですが、関西へ移動日です。

移動中にTwitterをみていてイケハヤさんが本質的なツイートしていました。

いやーイケハヤ節は健在ですが、言っている内容はまともなことですね。

よくクライアント先には言っているのですが、

多くの従業員は頑張っています。自分なりに。

ただ残念のなのは、自分なりにであり、どこまで、どの程度頑張れば良いのかがわからずに頑張ってます。

会社にとっては、物凄く頑張ってくれる社員もいますが、頑張っていない社員もいます。

これは普通の会社です。

ただ機械化やAI化が進すめば、経営者は、


という考え方になるでしょう。

また優秀な社員は、割りに合わなくて、転職や独立などしていく社員も今後増えていくでしょう。

「経営者は自分(従業員)を雇い続ける理由があるのか?」
社員が考えていないことも事実ですが、そのような環境、会社を作って来た会社にも責任はあります。

日本の会社の良いところはあります。良いところを残しつつ、時代に合わせて会社をアップデートする時期に来ているのでしょう。

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

ものづくり企業工場見学型勉強会

【よく読まれている記事】 戦略

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ 「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回 」 (社長コメント全文書き起こし) から学ぶ
トヨタの組織変革のリアル
トヨタ、副社長職を廃止 役員階層減らしから見る 組織について考察
トヨタが頭を悩ませているのは「変わろうとしない」社員の存在。〜世代間ギャップは「現代病」〜
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
今後の製造業は 生産技術と教育を 「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧