機械受注統計2015年11月。バラツキが気になるところ。

2015年11月機械受注統計が発表された。最近感じるのは、11月?少し参考になりづらい感じです。

要は、今後を見ていく上に、現状の動向を把握する上では少し過去すぎる。工作機械受注高なら1か月前だからまだ参考になる。

そうはいっても変わらないので、統計を見ていこう。

まずはバラツキきになりますね。上下動が激しい。装置の特性上、単価が高いのでこのような状況になることはある。

トレンドとしては、次の統計を見ていかないといけないが、まだ微増傾向と感じている。

年始になり、装置メーカー、加工業のご支援先の経営者と話をしますが、総じて良い感じですね。

ご支援先のお客様の産業分野によっても違いはありますが、特に半導体装置メーカー、電子部品メーカーはよさそうです。

またSMCの受注状況からみると、中部地区の自動車メーカー(トヨタ、日産も)が良いみたいです。

ただ中東などさまざまな要因があるので、取り込めるのは早めに取り込むようにしておいた方がよいでしょう。

機械受注統計調査2015年11月

(内閣府HPより)