製造業・部品加工業・メーカーの経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い専門コンサルタント(船井総合研究所)

船井総研の製造業 経営コンサルタント実績No.1のブロク。下請け型企業の受託製造業・部品加工業(切削・板金加工等)、装置設計製作、ロボットシステムインテグレータ(SIer)などやメーカーに強いコンサルタント。社長不在でも現場が強くなるコンサルティング(船井総合研究所)

「医療機器業界」の記事一覧

製造業の経営者が押さえるべきニュース

20180712 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|医工連携事業化推進事業

製造業コンサルタントの井上です。 本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。 医工連携事業化推進事業の成果(平成30年7月版)|医工連携事業化推進事業の成果|MEDIC 医療機器開発支援ネットワ […]

講演してきました。ふくしま医療機器産業推進機構の医工連携人材育成プログラム実施事業

今日は、郡山でふくしま医療機器産業推進機構の医工連携人材育成プログラム実施事業で講演をさせて頂きました。 久々の郡山ですね。 東邦銀行の経営塾のメンバーも参加でした。約110分間の講演になりましたが、寝ている方がいなかっ […]

第20回機械要素技術展を見てきた

今日は、午前中2時間程度、機械要素技術展に行ってきました。 クライアントが、5~6社出展しているので、ブースを回るだけで時間が終わってしまう。。。 しかし、機械要素展はワクワクしますね。 毎年、丸1日かけて見るべきですね […]

手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。

成長産業である「医療機器」と「ロボット産業」は、実はかなり関係性が強い業界です。 手術支援ロボットはじめ、自動化までいかないまでも機械が進む分野です。 産業用ロボットが実は、医療現場で安全柵なしにすでに使われてます。 工 […]

名古屋が医療産業振興にかなり力を入れている!

今日は、大阪のメディカルジャパンに昨日は行ってまいりました。 かなり盛り上がっていますね。経済産業省から各種研究機関や、地域団体等、国の政策のもと同じ方向に向かっています。 それぞれの立場と役割に応じて、さまざまな取り組 […]

「医療機器開発支援ネットワーク」がスタート

明日から、1月30日から「医療機器開発支援ネットワーク」がスタートします。明日、全国大会が三田で行われます。私も参加予定ですが、時間通りには行けそうにないです。 初の全国大会、あす都内で開催 医療機器市場に関心を持つ中堅 […]

中小のモノづくり高度化に向け産学官連携促進−15年度予算で129億円

産学官連携で技術開発に取り組む中小企業を支援する「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」は、デザイン分野や地元以外に販路を広げる取り組みも対象とする。 ロボット関連では中小製造業やサービス産業に使いやすいロボットの導入実 […]

エプソンも医療機器に参入−ウエアラブル端末投入

セイコーエプソンも医療機器に参入だそうです。ウェラブル。 生体情報を収集するディバイスがスマートウォッチを代表とするウェラブル端末。 最終的には、人間の感情も読みとれるようになる。 どこまで技術が進歩するか。  エプソン […]

医療機器等の研究開発促進で470億円 厚労省、実用化支援は3億円

来年度の予算が決まりつつある。医療機器関係では、研究開発促進で470億円、実用化支援では3億円となっている。政府の成長戦略を実現させるべく、予算付けが行われてここ数年は有効に使われていると感じる。ただ成果をすぐ求めるが、 […]

「医療機器政策調査研究所」を2015年1月付で発足

日本医療機器産業連合会は、2015年1月5日に年頭記者会見で、医機連としての2015年の重点課題を説明した。同氏が挙げた課題は、(1)「医薬品医療機器等法」の周知徹底と課題解決、(2)医療保険制度改革への対応、(3)国際 […]

医療機器メーカーが国内生産体制を拡充

円高によって海外の安い労働力を求めて、家電など海外進出してきた。この流れは変わらないでしょう。今年は、大幅に円安になり、海外調達の流れは止まりつつあるが、一旦海外生産で国外に出てしまった企業が国内に戻ってくることはなかな […]

医薬品・医療機器生産額:4年連続で静岡県が日本一

静岡県の医薬品、医療機器の生産高が4年連続日本一になった。地元である静岡が生産高日本一は昔から言われていました。4年連続ということは、日本一でない時もあったということ。現在の2位は栃木県。 順番は良いとしても、東海~関東 […]

医療機器部品も海外調達が進むのか

東芝メディカルシステムズの瀧口社長は、グローバルな視点で事業を展開されているため、部品の海外調達など当然の流れになる。国としては国内製造業の生き残りとして医療機器に期待をしている。実際に今後生産が増加はしていくと考えられ […]

会社の未来が見える方程式

毎日、産業財分野のコンサルティングを行っています。今日も、ある装置のセットメーカーへ行っていました。   コンサルタントなので、現状ある課題やテーマに対する取り組みも重要です。それ以上に、3~5年後の、その会社 […]