◆コンサルタントの視点

手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。

成長産業である「医療機器」と「ロボット産業」は、実はかなり関係性が強い業界です。

手術支援ロボットはじめ、自動化までいかないまでも機械が進む分野です。

産業用ロボットが実は、医療現場で安全柵なしにすでに使われてます。

工場と医療現場では、規制の基準が違うみたいです。この辺りは、工場で使用される産業用ロボットも規制緩和になっているので、協調型ロボット(コー・ロボット)の普及も今年、進んでいくでしょう。

話がややそれましたが、ロボット化いわゆる機械化は、あらゆることが自動になることもメリットです。それと実は品質が向上できるというもう一つの大きなメリットがあります。これは工場も医療現場も同様に重要なことです。

手術支援ロボ、名古屋市大に開発拠点 中部のものづくり力結集

名古屋市立大(名古屋市瑞穂区)は、手術支援ロボットなど先進医療機器の研究開発拠点「先端医療技術イノベーションセンター」を医学部内に整備する。今秋の開所予定で、中部地方の航空宇宙や自動車などのものづくり企業と連携する。手術支援ロボット市場は、世界的に米国製のほぼ独占状態。中部の企業が培ってきた技術を生かして競争力のある国産ロボットを開発し、十年後の実用化を目指す。(中日新聞より)

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  2. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  3. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  4. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  5. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP