製造業経営コンサルタントの井上です。

明けまして、おめでとうございます。

さぁ始まりました2017年ですが、NewsPicksでも取り上げられてましたが、ニュースイッチ(日刊工業新聞)の記事、

迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか

2020年ごろには団塊世代が一斉にリタイア、遅れる後継者の確保

2020年にかけて中小企業経営者の大量引退時代を迎える。経営者の高齢化が進む一方、後継者の育成、確保は遅れている。事業承継は、今後しばらく多くの中小企業にのしかかってくる重いテーマだ。
背景にあるのは経営者の高齢化。中小企業経営者の年齢分布をみると、95年に47歳だったピーク年齢が15年には66歳へ移動した。20年ごろには団塊世代の経営者が大量に引退時期を迎えるだけに、後継者問題に早急に向き合う必要がある。

(ニュースイッチ日刊工業 http://newswitch.jp/p/7391)

なかなか現実的な記事ですが、棒グラフな為、いまいちわかりづらいですが、言えることは、一番割合が多い年代がだんだん高齢化しているということ。

2015年で、65~69歳の割合が多く、その約50%が廃業予定であるということ。

この2点が読み取れます。

確認すべき点として、経営者はここでは、個人事業主と会社企業を合わせたものと考えられます。

また、企業(個人事業主+会社経営)の数は、1995年の段階と2015年でどの程度であるか、母数がいくつなのかを確認したい。

1995年頃の企業数: 約510万社    /    2015年頃の企業数: 約380万社

となり、既に失われた20年で、130万社減少しています。

過去の廃業予定という数字が見当たらないので、先ほどの記事と比べられません。

ちなにみ廃業率でみると、まだ6%程度です。多少上がってきてます。

上記記事では、個人事業主の廃業予定が70%程度ということは、会社企業(法人)では廃業予定者は数値はかなり下がると予想します。

インパクトを出そうとやや誇張の気もしますが、ただいえることは企業数が減っていく。特に、小規模企業以下の会社が。

製造業で言えば、下請けの数は確実に減っていくでしょう。これからは外注ネットワークをしっかりと作っていくこと、または自社に取り組んでもいくことが大切になります。加工賃の安い会社が廃業していくと思われますので、この流れではコスト増になるので、自社の生産性向上がいずれにしてもテーマになります。

2017年は、時代の転換点で動き出す年です。現状維持でなく、変革を求められる時代です。

また年末に、良い年であったと言えるような一年にしていきましょう。

ソリューション

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

ものづくり企業工場見学型勉強会

【よく読まれている記事】 戦略

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ 「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回 」 (社長コメント全文書き起こし) から学ぶ
トヨタの組織変革のリアル
トヨタ、副社長職を廃止 役員階層減らしから見る 組織について考察
トヨタが頭を悩ませているのは「変わろうとしない」社員の存在。〜世代間ギャップは「現代病」〜
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
今後の製造業は 生産技術と教育を 「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧