製造業経営コンサルタントの井上です。

今日、Twitterで値決めに関するツイートがあり、そのその通りと思ったので記事にしておきます。

中小製造業の多くは受託製造業で、自分で価格を決めれるメーカーとは違い値決めの自由度は低い業態です。言葉は嫌いですが、下請けとも言われます。

中小製造業の値決めを経営者本人がやられているケースは、値決めを真剣に行っている場合が多いです。ただ、営業部門があり数名の営業人員がいる場合、新規での取引に既存の顧客との同じような価格で見積を出してしまうケースが見受けられます。

何がいけないかと言うと、中小製造業の場合、特定顧客の売上割合が多く主要顧客数社との取引が多いです。売上が10億円以下の場合、60〜80%はその主要顧客2〜3社という会社が多いでしょう。主要顧客が多くても80%の売上を20社程度です。

特定の取引の割合が多いとその取引の慣行に引きずられます。自分たちがいる業界が非常にコストに厳しい業界にいるから、他業界から引合いが来た場合でも、同じように価格で見積をだしてしまうということがもっと多く見られます。また数量をあまり考慮しないで、利益率だけを意識して見積もりを提出してしまうこともよく見られます。要は、試作などの数量が少ないので、数物と同じような利益率で見積もりを提出してしまってます。

まとめ

値決めは、経営において最重要事項の一つ。値決めの決定権は、経営者あります。値決めは、惰性で考えもせず決めずに状況を把握して「真剣」に決めること

ソリューション

ものづくり企業の経営力の視点
ものづくり企業向けWEBマーケティング
ものづくり現場の賃金評価制度
ロボット導入自動化コンサルティング
技術技能伝承コンサルティング

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧