製造業経営コンサルタントの井上です。

最近はTwitterでいろいろと実験をしているので、そちらでツィートしたものを中心に紹介していきます。

最近は、「ものづくりは、人づくり」という考え方をアップデートしたいと考えてコンサルティングを行っています。

デジタル化が全てではないですが、3〜5年、更にその先を考えた上では、

「デジタル化・自動化をし尽くした後に残る仕事が「人間」がする仕事であり、その人間しか出来ない事にフォーカスして強化することが。

  デジタル時代の新しい「ものづくりは、人づくり」

の考え方になります。

それからメディアの情報に関する考え方も。時代のスピードが早くなればなるほど、一つ一つの情報を詳細に捉えるよりも、情報の方向性・流れがどの方向に向いているのかを考えることが大切です。

【コラム】デジタル化時代の中小製造業の人材育成・教育シリーズ

         < 目 次 >

      第1回目:デジタル化時代の「ものづくりは人づくり」とは?
      第2回目:今後の中小製造業の仕事は誰がやるのか?
       ◆「機械・ロボット」にさせる仕事
       ◆「システム・AI」にさせる仕事
       ◆「人間」がするべき仕事 
                 ・誰でも出来る化
                 ・高度な専門職(職人)
                 ・管理職
      第3回目:中小製造業の人材育成・教育の実態
       ◆大手に比べて人材の質も比較すると低く、教育の仕組み化も弱くのに教育していない現実
       ◆OJTという名の丸投げ無責任体質で「教育品質」のバラツキが大きい
       ◆ISOでの形だけの教育計画
      第4回目:「御社の社員の一人前基準・目安」は何ですか?
       ◆何が求められるスキルなのかを明確にする➜目次化
       ◆職種別の一人前基準を明確にする
       ◆「一人前基準」は自発的に伸びる社員の道標になる
       ◆部品加工業におけるスキルマップの事例
      第5回目:人材育成・教育は、コンテンツ化が重要コンテンツ化して「資産化」しろ!
       ◆「目次」が出来たら、項目ごとに「コンテンツ化」しろ
       ◆デジタル化した「教育のコンテンツ化」はアップデート可能な「資産」
       ◆「コンテンツ化」の手段としての「動画」活用
       ◆「教育コンテンツ」+「教え方」もZoomのレコーディングを活用してデジタル化する
       ◆コンテンツのアップデートも考慮した「教育体系」がデジタル化時代には必要
   第6回目:難易度の高い業務ほど人任せでなく教育方法を「研究」する
       ◆ただ教育する事が良い事であると勘違いしている
       ◆習得に時間がかかる(難易度の高い)業務ほど、ノウハウの現場の職人依存の現状
   第7回目:教育することも工数がかかる。教育工数を削減も
       ◆「コンテンツ化」すれば、教育する工数を減らせる(人が教えなくて良い状態」を作る)
             ◆教育の「コンテンツ化」=「教育する工数削減」=「技術伝承がしやすい環境」
      第8回目:製造業の評価制度はスキルが明確でなくければ上辺だけに評価制度になる。(人材育成と評価制度の関連性)