『経営』=「社長不在でも現場が回り、現場が強くなる仕組み」

製造業コンサルタントの井上です。

最近は、時代の変化が早く面白く、その中心が「テクノロジー」から来る変化です。

これはこれで非常に重要なので、毎日、このブログでも私がチェックした記事を見ておいて下さい。最低限。

細かなことは後に置いておいて、時代の流れ、流れる方向を見ておいてください。

(参照 : 時代の流れが速いときは、どこに流れているのか見極めろ。)

 

外部環境が変化し、内部に取り込み活かしていくことで、時流適応になっていきます。

ここで自分自身(自社)をコントロールできていない中小製造業が圧倒的に多い。

それなりに回っている時は特に、処理することを優先にして、会社を良くする活動をおざなりになります。

ただ仕事が少ないときに、改善活動等が進むかというとそんなことはない。(断言)

会社が忙し、忙しくない状態によって、会社の仕組みとしていろいろあるが、やらなくてよいことはないはず。

よくある例として、受注が仕事が減ってから営業活動に動き出す会社。製造業の特に受託製造業は、受託なので派生型ビジネスです。

仕事がないときは、ないのです。

忙しくても、忙しくなくても、やらなくていけないことはやっていくことが、会社を強くして、収益性が高い会社になっています。

その結果、「社長が不在でも現場が回り、更に、社長が不在でも会社が強く」なります。

この「社長が不在でも現場が回り、現場が強くなる」為に必要な力が、26~27個の力が必要です。

  ◆現状把握力(時流・市場)(未来予測力)
  ◆現状把握力(社内)
  ◆バランス力 (社内外の現状を客観的に把握)

  ◆戦略構築力
  ◇(開発・設計力)※メーカーの場合
  ◆集客力 (新規顧客接触力)
  ◆営業力
  ◆顧客との関係構築力

  ◆ミッション浸透力
  ◆決める力 (優先順位をつける力)
  ◆見える化しk
  ◆意識させる力 (伝える力)
  ◆レビュー力
  ◆コミュニケーション力
  ◆安心を作る力
  ◆組織一体化(相互理解) (信頼される文化)
  ◆課題発見力
  ◆課題設定・明確化力
  ◆責任力
  ◆設備力
  ◆技術力 (装置メーカー) :プロセス開発力/設計力
      (加工業) :設備/工程設計力/段取り力
  ◆人材採用力
  ◆人財定着力 人材を抱え込む
  ◆人財生産力
  ◆現場コントロール力  ※個別受注型 ※見込み生産型 ※連続生産型によって違ってきます。
  ◆経理・財務力 
  ◆投資とリスクマネジメント

これらの力が、会社の仕組み組み込まれて、運用されていることが非常に重要です。

会社に必要な力とマネジメントとの関係については、また書いていきたいと思います。