製造業経営コンサルタントの井上です。

2019年4月の鉱工業指数(生産)の工作機械を見ていきます。それと合わせて、工作機械受注統計の2019年4月も見て下さい。

鉱工業生産指数 工作機械(旋盤・マシニング)(品目)2019年4月

未だに、マシニングの生産が上がってきていません。旋盤は下降に転じそうな雰囲気です。ついに100を切りました。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年4月

業種別の金属加工機械で見てみると、下降トレンドです。

工作機械受注統計(2019年4月)

工作機械受注高_(工作機械工業会)201904

2019年4月の工作機械受注高も、一旦、上昇に転じそうになりましたが、また下がってます。長引きそうですね。

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が23日発表した4月の工作機械受注額(確報値)によると、中国向けの受注額は前年同月比48.7%減の156億円で14カ月連続で前年割れとなった。(日本経済新聞より

2019年5月工作機械関連ニュース

ファナックが“ナノの世界”を作り出す工場新設へ
ニュースイッチ
 ファナックは本社(山梨県忍野村)構内にナノメートル(ナノは10億分の1)領域の精密な加工ができる工作機械の工場を新設する。生産能力を現状比2・5倍の年60台に増やす。高機能化でレンズ枚数が増えるスマ
ファナックがCNCのデザインを一新、独自の制御技術やカスタマイズ機能も搭載
MONOist 最新記事一覧
ファナックは、CNC「0i」シリーズの最新モデル「Series 0i-MODEL F Plus」を発表した。デザインを一新するとともに、新たなユーザーインタフェースや独自の制御技術を搭載した。
“超高収益企業”ファナックの変調、利益6割減予想の衝撃…米中貿易戦争不況が日本企業に到来
ビジネスジャーナル
「ファナック HP」より  米中貿易戦争の日本企業への影響力を見極める上で、ファナックの決算への注目度は高かった。ファナックは工作機械の動作を制御するNC(数値制御)装置で世界シェアトップ、産業用ロボットで
変わるマーケティング/DMG森精機 売り切りから有償サービス
日刊工業新聞 電子版
工作機械世界最大手のDMG森精機は、サービス型の企業へと進化している。ユーザーが高度な工作機械や自動機器、関連ソフトウエアを使い切… 超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる
“量産”に使える金属3Dプリンタ、カギとなる技術を三菱重工工作機械が開発 (1/2)
MONOist 最新記事一覧
 三菱重工工作機械は2019年5月16日、海外市場に向けて金属3Dプリンタの展開を開始することを発表した。2019年5月20〜23日に米国デトロイトで開催される先端立体造形技術の見本市「RAPID+TCT2019」で、金属3Dプリンタ「LAMDA」に
中村留精密工業、工作機械にAI 加工ズレ自動修正
日本経済新聞 電子版
工作機械製造を手掛ける中村留精密工業(石川県白山市)は6月末から自社の工作機械に人工知能(AI)機能を標準搭載する。気温など外部の環境変化によって生じる加工のズレなどを自動で抑制する。手動で機械の設定など
自動ロボ導入、無人稼働が最長3日 工作機械のオークマ
朝日新聞デジタル
 工作機械大手のオークマ(愛知県大口町)が革新技術の導入を掲げて可児工場(岐阜県可児市)内に建設中だった新棟「ドリームサイト3(DS3)」が完成し、報道公開された。機械や部品をネットとつなぐ「IoT」
ものづくり大国・日本を支えてきた世界最強の「工作機械産業」とは?
WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ) 最新記事
 「日本の工作機械は世界最強」と語るのは、東北大学経済学研究科の柴田友厚教授。「工作機械」という言葉を専門外で知っている人はどれほどいるだろうか。高性能な工作機械がなければ、生活に必須なスマートフォン
4月工作機械受注、中国向け48%減 下げ幅拡大、米中摩擦へ懸念広がる
日経新聞 速報
日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が23日発表した4月の工作機械受注額(確報値)によると、中国向けの受注額は前年同月比48.7%減の156億円で14カ月連続で前年割れとなった。下げ幅は3月の44.
産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧