◆コンサルタントの視点

生産性の向上に向け 新たな協議会発足

製造業経営コンサルタントの井上です。

 

昨今、生産性の向上がキーワードです。 昔も今もですが。

 

生産性の向上に向け 新たな協議会発足へ

政府は、生産性の向上に向けて、自動車産業などの製造業で培われたノウハウを、サービス業など、ほかの分野にも広げる国民運動を展開したいとして、安倍総理大臣をトップに、経済界や業界団体の代表などからなる新たな協議会を発足させる方針を固めました。

 

政府が、製造業で展開していた支援策が効果があり他の業種へも展開していくという内容です。

政府は、経済成長につなげようと、小売業や飲食業といったサービス業に携わる全国67の中小企業を対象に、製造業の生産管理に携わる専門家が支援して生産性を向上させる取り組みを進めていて、売り上げの増加や人件費の削減などの成果が出ています。

 

あと来年に向けて業種別の「指針」を出して、支援措置を講ずる方針!要は補助金が出るということです。

 

政府は、生産性の向上に向けて、業種別にノウハウをまとめた「指針」を策定するとともに、来年度予算案の概算要求で生産性の向上を重点分野に掲げるなど、支援措置を講じていく方針です。

 

製造業から他の業種へとあるので、製造業のみなさんは期待しすぎないように。

ただ概算要求で出すということは本予算になるので、ものづくり補助金系が本予算になってくれたら。。。。良いですね。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  5. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
PAGE TOP