今日から数回、3月19日に開かれたタッチパネルに関するセミナーについては書いていきます。

トピックだけにしますが。

まず第一講座「タッチパネルの市場動向と抵抗膜方式タッチパネルの技術展望」です。
これは「タッチパネル研究所」なるところがあり、そこの社長である三谷雄二氏の話です。
前から知ってましたので興味深々でした。
内容は、タッチパネル自体の説明と技術動向です。
タッチパネルの種類については、大きく4種類あります。
 1.抵抗膜式   → 一般的に使用されているものです。
 2.静電容量式  → iPhoneで使用されている方式です。
 3.超音波式
 4.光学式
それぞれ特徴があるので、どれかに集約されるというよりは、使い分けられていくそうです。
でもiPhoneで使用されている静電容量式の一つの方式はすばらしいですね。
マルチタッチ(1点だけでなく、複数の接触面に反応する)ができます。ようはソフトバンクのCMを思い出してください。あれです。ぜひ一見は百聞にしかずですので、店頭で最新技術を体験して見てください。
各方式のタッチパネル市場におけるシェアは、
           シェア    市場規模
 1.抵抗膜式   72%      1800億円
 2.静電容量式  20%       700億円
 3.光学式     5%
 4.超音波式    3%
だそうです。ということで、続きは次回以降に。

【気になるNews】—————————————————————

GM、ハイブリッド車開発に26億ドルの融資要請

 [デトロイト 1日 ロイター] 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、新たなハイブリッド車3モデルの開発支援として、政府に26億ドル規模の低利融資を要請した。1日に公表されたGM再建計画の修正案で明らかになった。

http://www.carview.co.jp/news/2/105838/




ソリューション

ものづくり企業の経営力の視点
ものづくり企業向けWEBマーケティング
ものづくり現場の賃金評価制度
ロボット導入自動化コンサルティング
技術技能伝承コンサルティング

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧