スマートフォンの次は、アイウェアやレンズウェア

製造業コンサルタントの井上です。

約20年前にPDAのザウルスを使い始めて、今のスマートフォンのような時代が来ることを願い予測していました。

井上を直接知っている方は、わかると思います。またリナザウPI-3000などわかる方にはわかっていただけれると思います。

過去の話はこれまでにしておいて、今後の未来の話です。

時々、スマートフォンの次のディバイスは?という記事をみますが、そろそろ見えてきました。

簡単に言えば「Googleグラス」です。

ただ映像をレンズに照射してみる「レンズウェア」と、網膜に直接照射する「アイウェア」になります。

網膜上に映像を描き出すアイウェア、7月から発売

http://ascii.jp

落合陽一氏ら、広視野角・網膜投影のメガネ型HMD発表

http://www.moguravr.com

名称はまた変わっていくと思いますが、要は、手ぶらで目の前にパソコンのディスプレイが、いつもある状態を作りだせるディバイスということです。

こんな感じです。入力はジェスチャーと音声入力になると思います。

現実的には、「Googleグラス」が消費者向けをとりあえず止めたように、プライバシーの問題があるのでもう少し時間をおくと思います。

まずは室内で使用する用途から使われだすでしょう。業務用とエンターメント用(ゲーム)、後はエッチな用途です。

OSは「HoloLens(ホロレンズ)」を使用して、まずは活用されるでしょう。

業務用では、建設業の小柳建設がマイクロソフトと協業をしてます。

建設業のAR活用はどう進むのか――日本マイクロソフトと小柳建設がHoloLens活用で協業

http://www.atmarkit.co.jp/

 

 

これらを使用して業務改善、生産性向上はもちろん、業務イノベーションを狙っているようです。

またぜひ企業見学がしたいものです。

スマートフォン以上にいつでもインターネットとつながり、まさに常時アクセスしている状態になります。

個人的には非常に楽しみです。

よりインターネットが、自分の脳と一体化していく感じですね。

インターネットと同僚というより、インターネットが自分自身に。

更に、これらにAI(人工知能)も、もれなく付いてくるでしょう。AIが相棒になるでしょう。

その時に、人間は何を考え、どんな価値を出す存在になっているのか、いまから考えておきましょう。

何も考えないと、コンピュータやAIが上司であり、ご主人様?になってしまうかもしれませんよ。