【統計】工作機械受注高2018年11月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。

2018年11月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。まずは日経より。

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が11日発表した11月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比16.8%減の1317億9800万円だった。10月に続き2カ月連続の前年割れとなった。外需(輸出)額は前年が記録的な高水準だった反動もあり、3割近い減少となった。米中摩擦を背景に中国市場で投資手控えの動きが続いており回復は見通せていない。

11月に開かれた日本国際工作機械見本市は過去最高の来場者を記録するなど活況で内需を下支えした

外需額は28.9%減の740億6400万円だった。外需の前年割れは10月に続き2カ月連続。17年11月は外需額が単月で初めて1000億円を突破するなど記録的な高水準だっただけに、反動減もあり大きな落ち込みになった。

内需額は6.3%増の577億3400万円だった。国内は自動車向けが引き続き堅調なことに加え、11月は2年に1度の大型展示会「日本国際工作機械見本市」があった効果もありプラスを維持する結果となったもようだ。

日本経済新聞より)

やはり米中の貿易戦争の影響が出てきました。

工作機械受注高 2018年10月

(グラフ 筆者作成)

工作機械を使用する産業がそれほど悪くないので、しばらくは工作機械業界も悪い状況になるかもしれませんが、長期トレンドでは大丈夫でしょう。

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧