製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年2月の鉱工業指数(生産)の航空機部品を見てみましょう。(2015年=100)

2019年3月航空機部品関連のニュース

FlyTeam(フライチーム)

帝人は2019年3月4日(月)、日本国内で初めて高い耐熱性と耐衝撃性を備えた、ビスマレイミド(BMI)系プリプレグを開発したと発表しました。プリプレグは、炭素繊維シートに樹脂を染み込ませた素材で、航空機や自動車などに

エアバス「A380」より大きい飛行機を作った企業の末路
BIGLOBEニュース編集部 最新記事

 2月14日、エアバスは世界最大の旅客機「A380」の生産を2021年の最終号機引渡しをもって停止することを発表した。  総2階建ての巨人機の生産は約15年で終わることになる。

花開く福井の炭素繊維 官民の技術が融合 糸へん福井 飛躍への道(3)
日本経済新聞 電子版

「航空機の機体部品や自動車などさらに幅広い分野にも用途を広げられる技術開発を目指します」。福井県工業技術センターで長年、炭素繊維複合材料の開発に携わってきた川邊和正・新産業創出研究部総括研究員はこう意

MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 富士経済は2019年3月7日、グローバルでの炭素繊維複合材料の市場調査結果を発表した。ポリアクリロニトリル(PAN)系炭素繊維複合材料の2030年の世界市場は、2017年比2.

Nature Nanotechnology

韓国の航空機部品大手、アスト(ASTK)は25日、ブラジル最大の航空機メーカー・エンブラエルの小型ジェット旅客機「E-Jet E2」シリーズの胴体製造事業に参加すると発表した。

(筆者作成)

2019年3月の航空機産業のニュースを一部。

[/box06]