製造業経営コンサルタントの井上です。

2019年10月の鉱工業指数(生産)の工作機械を見ていきます。それと合わせて、工作機械受注統計の2019年10月も見て下さい。

工作機械受注高が1000億を切ってから下げ止まらないですね。また鉱工業生産指数を見ると、旋盤も注残が切れて生産がかなり落ち込んでいることが見て取れます。

また最近の動きで気にあるニュースは下記にありますが、特に

IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 DMG森精機が工作機械のインド現地生産に乗り出した。インド機械大手のラクシュミ・マシン・ワークス(Lakshmi Machine Works、以下LMW)と組み、立形マシニングセンター(MC)「CMX 600 Vi」の現地生産を2019年10月から始めた*1

海外生産化がより今後も進むという点と、加工業の方には下記の記事で自動化に関するニュースがでてますので、よく読んで時代の流れを把握をお願い致します。

鉱工業生産指数 工作機械(旋盤・マシニング)(品目)2019年10月

鉱工業生産指数 工作機械(旋盤・マシニング)(品目)2019年10月

未だに、マシニングの生産が下げ止まった可能性があります。旋盤は下降に転じました。ついに100を切りました。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年10月

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年10月

業種別の金属加工機械で見てみると、下降トレンドです。

工作機械受注統計 2019年10月

工作機械受注高

2019年5月の工作機械受注高はもう少し下げると思ってましたが、意外と横ばいで推移。

鉱工業生産指数 工具等 2019年10月

鉱工業生産指数 工具等 2019年10月

工作機械 2019年10月までの関連ニュース 

IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 DMG森精機が工作機械のインド現地生産に乗り出した。インド機械大手のラクシュミ・マシン・ワークス(Lakshmi Machine Works、以下LMW)と組み、立形マシニングセンター(MC)「CMX 600 Vi」の現地生産を2019年10月から始めた*1
日本経済新聞 電子版
工作機械製造の高松機械工業は11日、35億円を投じて新工場を建設すると発表した。2020年4月に着工し、21年4月から稼働する。工作機械のカスタマイズなど製造工程の一部を移しつつ生産を拡大し、将来的には通期の売上高を
台湾貿易センター、TIMTOS 2021の開催概要と台湾工作機械産業の最新動向を発表~台湾主要産業・貿易の現況ならびに4大国際展示会合同の記者発表会を開催
台湾貿易センター、TIMTOS 2021の開催概要と台湾工作機械産業の最新動向を発表~台湾主要産業・貿易の現況ならびに4大国際展示会合同の記者発表会を開催
紀伊民報社
台日産業界交流の深化を目指す 台湾貿易センター(東京事務所所在地:東京都千代田区、 東京事務所長:陳英顕、(以下「TAITRA」)は本日、都内で「台湾産業および国際産業展の合同記者発表会」を開催し、台湾のICT、
工作機械各社 脱クルマで離陸(下)生産自動化、タイで地ならし
日刊工業新聞 電子版
今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本 その名の通り、工作機械の中心的な存在であるマシニングセンタ。さまざまな形状の切…
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 「工作機械にロボットが組み込まれていることに対する驚きの段階から、本気で採用する段階に入ってきている」。オークマは、工作機械向けのロボット技術「ARMROID」「STANDROID」(「ROID」シリーズ)の性能向上と対応す
ジェイテクト、工作機械のスマート化提案=製品展示会を開催
ジェイテクト、工作機械のスマート化提案=製品展示会を開催
乗りものニュース
 トヨタ自動車グループの部品大手、ジェイテクトは12日、刈谷工場などで13日から開催する製品展示会の内容を報道陣に公開した。労働人口減少などの課題の解決に向け、展示する最先端の工作機械でスマート化を提
日本経済新聞 電子版
DMG森精機とニコンは7日、業務提携すると発表した。ニコンの計測や画像処理関連をDMG森精機の工作機械に活用し、両社でより高性能な機械を開発する。ニコンはレーザーで様々な金属を加工する光加工機で、DMG森精機が世
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 人手不足や人件費の高騰により生産現場の自動化ニーズは高まるばかり。その1つが工作機械で加工するワークの産業用ロボットによるハンドリング。ワークの供給・排出(ローディング・アンローディング)などを自動
中国で工作機械の生産能力2倍へ、シチズンは市場好転に先手
ニュースイッチ Newswitch
 シチズン時計の工作機械事業会社、シチズンマシナリー(長野県御代田町)は2023年に中国で工作機械の生産能力を現在比2倍に増やす。21年に東部の山東省シ博市に新工場を建設し、同市内の現工場を集約する。
工作機械 AI導入、生産性1.5倍 ヤマザキマザックが岐阜2工場公開 /愛知
工作機械 AI導入、生産性1.5倍 ヤマザキマザックが岐阜2工場公開 /愛知
ニュース速報(総合)
 工作機械大手のヤマザキマザック(愛知県大口町)は、岐阜県美濃加茂市にある2工場の生産設備に人工知能(AI)やインターネットとの接続機能などのITを導入し、報道陣に現場を公開した。同社によると、生産性
MONOist 最新記事一覧
連載 » 2019年11月08日 11時00分 公開 [高口順一/ベッコフオートメーション,MONOist]  工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」――。umatiとはどういう規格なのか、どう活用すべきかなどについて紹介する本
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
2019年9月、ドイツ・ハノーバーで世界3大工作機械見本市の1つ欧州工作機械見本市「EMO HANNOVER 2019(通称EMOショー)」(2019年9月16~21日、ハノーバー国際見本市会場)が開催された。2年に1度開催される同見本市。今年は世界
ニュースイッチ Newswitch
 日本工作機械工業会(日工会)が12日発表した10月の工作機械受注実績(速報値)は、前年同月比37・4%減の874億5500万円で、13カ月連続で減少した。夏期休暇のために営業日が少なかった8月を下回
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
フレキシビリティー 生産性を高める工夫随所に  特徴はフレキシビリティー─。「柔軟性」をキーワードに開発した欧州メーカーの工作機械がEMO2019の来場者の耳目を集めていた。左右にそれぞれ主軸の交換装置を備えたMC
産業市場をグラフで見るシリーズ一覧

よく読まれている記事

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧