製造業経営コンサルタントの井上です。

日本鍛圧機械工業会の会員企業の2019年11月受注高の動向をのグラフです。

こえは工業会HPにデータはあるのですが、エクセルなるなので簡単に見るための念の為アップしてきます。

受注額は下降トレンドで、まだ悪いです。

鍛圧機械 全会員受注動向 月次業況調査 推移グラフ

鍛圧機械 全会員受注動向 月次業況調査 推移グラフ

一般社団法人 日本鍛圧機械工業会より)

1.概  況受注総合計は229.8億円、前年同月比14.7%減となり、9ヶ月連続で前年同月比を割り込んだ。プレス系、板金系ともに振るわず機械合計でも16.6%減となった。
米中貿易摩擦の終息がみえにくい状況下、製造業の設備投資は全世界的に様子見状態が続いているが、欧米、中国のEV関連の大規模設備投資に期待したい。
2.機種別プレス系機械は102.9億円、前年同月比11.3%減。超大型プレスは倍増だが、大型プレスが47.3%減、中型プレス29.6%減、小型プレスも18.8%減。油圧プレスは84.3%増、
自動化・安全装置も2.2倍増だが、フォーミングは40.5%減。板金系機械は63.3億円で前年同月比24.0%減。レーザ・プラズマが23.1%減、プレスブレーキ31.7%減、パンチングも14.5%減。
3.内外別国内は82.8億円、前年同月比24.9%減。鉄鋼・非鉄金属は38.9%増だが、金属製品製造業が4.9%減、自動車42.4%減、一般機械24.1%減、電機も45.2%減となった。
(機種計)輸出は83.4億円、前年同月比6.3%の減。欧州向は70.8%増、東南アジア向3.3%増、中南米向も2.3倍増だが、中国向18.8%減、北米向3.1%減、韓国・台湾向5.3%減となった。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年10月

鉱工業生産指数 工具

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧