製造業・部品加工業・メーカーの経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い専門コンサルタント(船井総合研究所)

船井総研の製造業 経営コンサルタント実績No.1のブロク。下請け型企業の受託製造業・部品加工業(切削・板金加工等)、装置設計製作、ロボットシステムインテグレータ(SIer)などやメーカーに強いコンサルタント。ものづくり企業をデジタルと融合(DX)させ、その先にある本当に”人”が活かされる強い現場を作る。(船井総合研究所)

「建機(建設機械)」の記事一覧

00★鉱工業指数(品目別)建設機械

【統計】建設機械:鉱工業生産指数等 2019年4月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。 2019年4月の鉱工業指数(生産)の建設機械の動向を見てみましょう。(2015年=100) 上昇トレンドは続いています。また機械受注高(3月)でも受注が増えています。 鉱工業生産指 […]
00★鉱工業指数(品目別)建設機械201903

【統計】建設機械:鉱工業生産指数等 2019年3月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。 2019年3月の鉱工業指数(生産)の建設機械の動向を見てみましょう。(2015年=100) 上昇トレンドは続いていますね。 鉱工業生産指数(品目)建設機械 2019年3月 鉱工業生 […]
00★鉱工業指数(品目別)建設機械201902

【統計】鉱工業指数(生産)建設機械 2019年2月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。 2019年2月の鉱工業指数(生産)の建設機械の動向を見てみましょう。(2015年=100) 上昇トレンドは続いていますね。 2019年3月の建設機械のニュース、動向 日立建機、今期 […]
00★鉱工業指数(品目別)_新産業用ロボット201901

【統計】鉱工業指数(生産)産業用ロボット 2019年1月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。 2019年1月の鉱工業指数(生産)の産業用ロボットの動向を見てみましょう。(2015年=100) 2019年1月になり、急激に減少トレンドに入ってきました。米中貿易戦争の影響大です […]
製造業経営コンサルタント 経済指標グラフ

【統計】<建設機械>2018年12月 機械受注統計調査報告 機種別機械受注額(産業をグラフで見るシリーズ)

製造業経営コンサルタントの井上です。 内閣府の機械受注高の内訳として「機械受注額」の中で「建設機械」の2018年12月のグラフです。 トレンドとしては、上昇トレンドに入ってきました。 北米の受注や中国が堅調に推移していま […]
製造業経営コンサルタント 製造業ニュース

20190201 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|建機上方修正

製造業コンサルタントの井上です。 本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。 日立建機の通期見通し、売上高1兆円に上方修正 北米など販売好調 日刊工業新聞 電子版 日立建機は30日、2019年3 […]
製造業経営コンサルタント 経済指標グラフ

【統計】<建設機械>2018年9月 機械受注統計調査報告 機種別機械受注額(産業をグラフで見るシリーズ)

  製造業経営コンサルタントの井上です。 内閣府の機械受注高の内訳として「機械受注額」の中で「建設機械」の2018年9月のグラフです。 トレンドとして、やや下がりましたが右肩上がりです。 (筆者作成) 合わせて […]
製造業経営コンサルタント 経済指標グラフ

【統計】<建設機械>2018年8月 機械受注統計調査報告 機種別機械受注額(産業をグラフで見るシリーズ)

  製造業経営コンサルタントの井上です。 内閣府の機械受注高の内訳として「機械受注額」の中で「建設機械」の2018年8月のグラフです。 トレンドとして、完全に右肩上がりですね。 (筆者作成) 合わせて、鉱工業指 […]
製造業経営コンサルタント 経済指標グラフ

【統計】<建設機械>2018年7月 機械受注統計調査報告 機種別機械受注額(産業をグラフで見るシリーズ)

  製造業経営コンサルタントの井上です。 内閣府の機械受注高の内訳として「機械受注額」の中で「建設機械(2018年7月)」のグラフ化です。 7月は、6月よりもやや下降気味です。経過を見ていきましょう。 &nbs […]
産業市場をグラフで見るシリーズ

【統計】機械受注統計調査報告 機種別機械受注額<建設機械>2018年6月(産業をグラフで見るシリーズ)

  製造業経営コンサルタントの井上です。 内閣府の機械受注高の内訳として「機械受注額」の中で「建設機械(2018年6月)」の区分について今回は初めてグラフ化してみました。 では早速「建設機械」の「機械受注額」の […]