製造業 経営コンサルタントの井上です。

2020年12月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。グラフ化したので見ていきましょう。

一言

少し心配していましたが受注高が1000億に迫るところまできました。内需30,763百万円、外需67,212百万円。外需が大きく伸びています。反面内需の伸びが少ない。需要が増える時は、最近は外需からという流れはかわりません。ただ今の設備投資がどこまで伸びるのか心配です。

受注高と鉱工業生産指数の時間軸を合わせて見ました。

工作機械受注統計(グラフ)

鉱工業生産指数(品目)工作機械(グラフ)

鉱工業生産指数(品目別)の旋盤とマシニングだけで、工作機械の8割を占める言われています。

かなりの下げトレンドですが、止まる気配が有りません。。。。。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械(グラフ)

機械受注高 金属加工機械

鍛圧機械 受注動向

一般社団法人 日本鍛圧機械工業会より)

1.概  況受注総合計は170.0億円、前年同月比35.9%減、連続前年割れも20ヶ月となった。国内外共に大型設備投資案件は低調で、回復の兆しは見えてこない。コロナ禍の収束は見通せず経済回復の不透明感が続いているが、自動車販売が中国では前年超え、欧米も復活の兆しがあり、設備投資の回復に向かうことを期待。
2.機種別プレス系機械は62.5億円、前年同月比53.5%減。小型プレスは94.6%増、中型プレスも28.2%増だが、超大型プレスは94.6%減。油圧プレスは3.2倍増だが、フォーミング31.9%減、自動化安全装置も25.0%減。板金系機械は50.0億円、前年同月比24.6%減。レーザ・プラズマが23.2%減、プレスブレーキ29.9%減、パンチングも19.3%減となった。
3.内外別国内は65.3億円、前年同月比34.9%減。一般機械は3.5%増、電機も2.4%増だが、自動車は85.4%減、金属製品製造業8.3%減、鉄鋼・非鉄金属も17.3%減となった。輸出は47.1億円、前年同月比53.0%減。欧州向は31.7%増だが、中国向が51.3%減、北米向76.3%減、東南アジア向46.1%減、韓国・台湾向2.4%減、インド向も53.5%減となった。

機械受注統計

(総務省 機械受注統計より)

その他 経済指標一覧

最新の経済指標をグラフ化して見ることによって、経済トレンドを把握することが重要。工作機械受注高、鉱工業生産指数、製造業国賠担当者指数(中国)(EU)、設備稼働率(米国)等を押さえておきましょう。

経済指標名
  産業機械 受注統計
 工作機械受注高 鍛圧機械受注
 機械受注統計      ※1 内務省HPへ
 機械受注高 (産業用ロボット) 機械受注高 (建設機械)
 製造業購買担当者指数
 製造業購買担当者景気指数(日本) 製造業購買担当者指数【PMI】(ドイツ)
 製造業購買担当者指数【PMI】(中国) 製造業購買担当者指数【PMI】(ユーロ圏)
 製造業景況指数【ISM】(アメリカ) 
 鉱工業指数
 鉱工業指数(生産)四輪自動車・自動車部品 鉱工業指数(生産)電子デバイス・電子部品
 鉱工業指数(生産)生産用機械工業 鉱工業指数(生産)電気計器・計測器
 鉱工業指数(生産)半導体・液晶製造装置・半導体部品・液晶パネル 鉱工業指数(生産)計測分析機器・精密測定機
 鉱工業指数(生産)工作機械 鉱工業指数(生産)金属製品工業
 鉱工業指数(生産)機械プレス 鉱工業指数(生産)炭素繊維
 鉱工業指数(生産)産業用ロボット 鉱工業指数(生産)水晶振動子
 鉱工業指数(生産)航空機部品 鉱工業指数(生産)段ボール箱・板
 鉱工業指数(生産)建設機械 鉱工業指数(生産)プラスチック製部品
 鉱工業指数(生産)食品・包装機械 鉱工業指数(生産)ファインセラミックス
 鉱工業指数(生産)ポンプ・圧縮機・油空圧機器等 鉱工業指数/設備稼働率(アメリカ)
 鉱工業指数(生産)普通鋼・特殊鋼等 
 生産統計
 建設機械生産統計(金額・台数)
 貿易統計
 貿易統計 商品別輸出額(全体) 貿易統計 商品別輸出額(電気機器)
 貿易統計 商品別輸出額(一般機械) 貿易統計 商品別輸出額(輸送用機器)
 特定サービス産業動態統計調査
 機械設計業エンジニアリング業
 その他
 ハイテクノロジー産業の国別付加価値額
 貿易収支
 景気動向指数