製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年11月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。

受注がまた下がり、下げ止まりません。需要が低いのものありますが、工作機械メーカーとして、海外メーカーとの競争で負けていない心配です。

次に日経からです。

日本工作機械工業会が10日発表した11月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比37.9%減の817億100万円と、14カ月連続で前年実績を下回った。内需は45.5%減の313億8700万円と12カ月連続で減少。外需は32%減の503億1400万円と14カ月連続で減少した。

日本経済新聞より

受注高と鉱工業生産指数の時間軸を合わせて見ました。

工作機械受注統計 2019年11月(2015年11月〜)

工作機械受注統計 2019年11月(2013年1月〜)※少し長期で見る

鉱工業生産指数(品目)工作機械 2019年10月

鉱工業生産指数 工作機器(マシニング旋盤)

鉱工業生産指数(品目別)の旋盤とマシニングだけで、工作機械の8割を占める言われています。マシニングは下げ止まりつつあります。また旋盤は3ヶ月連続下降し、100を切って来ています。注残がなくなった感じです。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年10月

鉱工業生産指数 (業種別)金属加工機械・機械工具

機械受注高 金属加工機械 2019年10月

機械受注高 金属加工機械

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧