ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

1週間のニュースの見落としを自分自身もなくす為に、曜日別で産業ニュースをアップしていきます。

次世代自動車(EV・電気自動車等)関連ニュース

2020年テスラ株主総会〜イーロン・マスク氏プレゼンのポイント【まとめ】
EVsmartブログ
達成してきたマイルストーンの数々を見ると、テスラのイノベーションのペースと、EV業界の進歩の速さに改めて驚かされます。
EV製造受託は成長ビジネス
週刊東洋経済プラス
EVの製造受託に商機を見いだすマグナ・インターナショナル。欧州とアジアを統括するアプファルター・プレジデントに今後の戦略を聞いた。
EV化で伸びるのはここだ
週刊東洋経済プラス
「2025年がEV化の分水嶺。それまでにどれだけ受注を確保できるかが勝負だ」。モーターの世界最大手、日本電産の永守重信会長は気炎を上げる。
テスラが電池原料を自主生産 低価格EV実現へリチウム採掘権を確保
ビジネスニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 米電気自動車(EV)大手テスラが、米ネバダ州で独自にリチウム採掘の権利を確保したことが、複数の関係者の話で明らかになった。
VW、中国EVに積極投資 合弁3社と5年1・8兆円
日本経済新聞
【広州=川上尚志】独フォルクスワーゲン(VW)は28日、合弁3社と共同で中国の電気自動車(EV)などの分野で2024年までの5年間に計150億ユーロ(約1兆8千億円)を投資すると発表した。25年までに中国で新エネルギー車を15車
中国EVスタートアップ、コロナショックから活気取り戻す 好調なテスラが刺激
Newsweek 最新記事
中国で電気自動車(EV)を手掛けるスタートアップ企業が、活気を取り戻している。原動力は米EV・大手テスラの好調ぶりだ。
疑惑のEVメーカー「ニコラ」が開発続行、2021年に車両発売へ
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
水素燃料電池トラックの開発を手掛ける「ニコラ・モーター」は、ゼロエミッションの大型トラックを、予定通り2021年後半に発売する方針を明らかにした。同社経営陣によると、1年以上は事業を継続できるだけの資金を保
ボルボ初の電気自動車「XC40リチャージ」の生産を開始。2021年内の日本導入を予定するSUV : Webモーターマガジン
Webモーターマガジン
/gi,bN=/^(?:select|textarea)/i,bO=/\s+/,bP=/([?&])_=[^&]*/,bQ=/^([\w\+\.\-]+:)(?:\/\/([^\/?#:]*)(?::(\d+))?)?/,bR=f.fn.load,bS={},bT={},bU,bV,bW=[“*/”]+[“*”];try{bU=e.href}catch(bX){bU=c.createElement(“a”),bU.href=””,bU=bU.href}bV=bQ.exec(bU.toLowerCase())||[],f.fn.
テスラ「バッテリー・デー」の発表を電池研究者はどう評価するのか?
EVsmartブログ
バッテリー・デーの発表は本当にスゴいことなのか? 2020年9月23日、日本時間の午前5時半ごろから開催されたテスラの『2020 Annual Shareholder Meeting and Battery Day』。いわゆる株主総会とともに、現在のバッテリー開発の進捗状況
リーフ50万台突破、次はアリア 日産が描くEVの未来
朝日新聞デジタル
 日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の生産台数が世界で累計50万台に達した。世界初の量産EVとして、2010年12月に初代モデルを発売してから約10年。競合他社からもEVの新車発表が相次ぐ。来年に2車種目の乗用EV「ア
テスラのEV世界販売、7~9月は44%増 過去最多更新
日本経済新聞
【シリコンバレー=白石武志】米テスラが2日発表した7~9月の電気自動車(EV)の世界販売台数は前年同期比44%増の13万9300台だった。新型コロナウイルスの影響で前年同期の実績を割り込んだ4~6月から大きく回復し、四半期
テスラ、7-9月納車台数は過去最高-年間目標達成に一歩近づく
ブルームバーグ 海外ニュース
米電気自動車(EV)メーカー、テスラの7-9月(第3四半期)納車台数はアナリストの予想を上回り、過去最高に達した。EV市場での優位を保った格好で、野心的な年間納車台数目標を達成する可能性がやや高まった
住友鉱山 電池向け材料を22年に1割増産
日本経済新聞
住友金属鉱山は30日、車載用リチウムイオン電池の材料となるニッケル酸リチウムを、2022年に1割程度、増産すると発表した。生産拠点の1つである磯浦工場(愛媛県新居浜市)で増産する。電動自動車(EV)の需要拡大を見
テスラの選択、夢の電池より内製化でEVプラットフォーマー目指す
全記事新着 – 日経クロステック
 米Tesla(テスラ)の長期戦略が見えてきた。2020年9月22日(現地時間)に開いた電池事業の説明会「Battery Day(バッテリーデー)」で、コストを従来品から半減させたリチウムイオン電池を内製すると発表(図1)。2030年に
ガソリン車新車販売禁止へ 米加州、35年までに 日本メーカーにも影響
経済・政治ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 米西部カリフォルニア州のニューソム知事は23日、2035年までにガソリン車やディーゼル車の新車販売を事実上禁じる行政命令に署名した。州内で販売される新車の乗用車は排出ガスを出さないゼロエミッション車
テスラが260万円台EV製造、約3年以内に-完全な自律走行性能も
ブルームバーグ 海外ニュース
Dana Hull、Akshat Rathi 2020年9月23日 8:27 JST更新日時 2020年9月23日 9:08 JST From
テスラは電池の自社生産必要、EV向け需要満たすため-CEOが示唆
ブルームバーグ 海外ニュース
米テスラは外部のサプライヤーからの電池購入を増やす方針だが、電気自動車(EV)向け需要を満たすためには自社で電池を生産し始める必要がある。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が21日のツイートで示唆
トヨタのTRI-AD、運用総額約879億円の投資ファンド設立
ロイター トップニュース
[東京 10日 ロイター] – トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)(東京・中央区)は10日、運用総額879億円のグローバル投資ファンド「ウーブン・キャピタ
続々と上場した中国EVに投資家が熱狂 大競争は次の段階へ
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
8月27日夜、中国の新興EVメーカー「小鵬汽車(Xpeng)」がニューヨーク証券取引所に上場した。発行価格は一株15ドル(約1600円)、当日の終値は41%上がり、同社の時価総額は150億ドル(約1兆6000億円)に達した。その前日には

自動車関連統計データ

経済指標グラフ化 一覧

最新の経済指標をグラフ化して見ることによって、経済トレンドを把握することが重要。工作機械受注高、鉱工業生産指数、製造業国賠担当者指数(中国)(EU)、設備稼働率(米国)等を押さえておきましょう。

経済指標名
  産業機械 受注統計
 工作機械受注高 鍛圧機械受注
 機械受注統計      ※1 内務省HPへ
 機械受注高 (産業用ロボット) 機械受注高 (建設機械)
 製造業購買担当者指数
 製造業購買担当者景気指数(日本) 製造業購買担当者指数【PMI】(ドイツ)
 製造業購買担当者指数【PMI】(中国) 製造業購買担当者指数【PMI】(ユーロ圏)
 製造業景況指数【ISM】(アメリカ) 
 鉱工業指数
 鉱工業指数(生産)四輪自動車・自動車部品 鉱工業指数(生産)電子デバイス・電子部品
 鉱工業指数(生産)生産用機械工業 鉱工業指数(生産)電気計器・計測器
 鉱工業指数(生産)半導体・液晶製造装置・半導体部品・液晶パネル 鉱工業指数(生産)計測分析機器・精密測定機
 鉱工業指数(生産)工作機械 鉱工業指数(生産)金属製品工業
 鉱工業指数(生産)機械プレス 鉱工業指数(生産)炭素繊維
 鉱工業指数(生産)産業用ロボット 鉱工業指数(生産)水晶振動子
 鉱工業指数(生産)航空機部品 鉱工業指数(生産)段ボール箱・板
 鉱工業指数(生産)建設機械 鉱工業指数(生産)プラスチック製部品
 鉱工業指数(生産)食品・包装機械 鉱工業指数(生産)ファインセラミックス
 鉱工業指数(生産)ポンプ・圧縮機・油空圧機器等 鉱工業指数/設備稼働率(アメリカ)
 鉱工業指数(生産)普通鋼・特殊鋼等 
 生産統計
 建設機械生産統計(金額・台数)
 貿易統計
 貿易統計 商品別輸出額(全体) 貿易統計 商品別輸出額(電気機器)
 貿易統計 商品別輸出額(一般機械) 貿易統計 商品別輸出額(輸送用機器)
 特定サービス産業動態統計調査
 機械設計業エンジニアリング業
 その他
 ハイテクノロジー産業の国別付加価値額
 貿易収支
 景気動向指数