ものづくり企業 経営コンサルタントの井上です。

日本の製造業購買担当者景気指数を掲載します。見ていきましょう。

日本の製造業購買担当者景気指数 2019年10月

2019年10日では、予想49.2に対して結果が48.5と予想より結果が悪い状態です。乖離がここ数ヶ月続いてます。まだ回復の目が見えてきません。

<日本>製造業購買担当者景気指数

景気の良い悪いの判断とされるのが「50」が基準になります。

次に鉱工業生産指数と見比べてみましょう。

日本の鉱工業生産指数 2019年8月

鉱工業生産指数

鉱工業生産指数は、2015年=100であるので、見え方は違って見える。PMIと時間軸が少し取り方が違うので見にくいが、概ね動きが合っている。鉱工業生産指数の方が、大味な感じ。ただ、鉱工業指数は品目別などで見るとより動きが見える。

製造業購買担当者指数(PMI)を見ていくと、全体の動きは捉えやすい。

今後もしっかりチェックしていきましょう。

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧