製造業経営コンサルタントの井上です。

2018年5月17日に行われました「未来投資会議」で安倍首相から、「Society5.0時代」の社会システムや教育について述べられてました。

平成30年5月17日 未来投資会議

平成30年5月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で第16回未来投資会議を開催しました。会議では、AI時代の人材育成、次世代ヘルスケアシステムの構築及び地域における生産性革命(林業の成長産業化)について議論が行われました。(首相官邸HPより)

製造業にも関係しそうな部分を、要約すると、

◆人材育成について
人工知能、ビッグデータなど、IT技術、情報処理

小学校から大学まであらゆる子供たちに対する統計、情報教育の抜本強化

大学入試においても、国語、数学、英語のような基礎的な科目として、
情報科目を追加、文系、理系を問わず理数の学習を促す。

AI人材、IT人材の育成に向け、理学部や工学部といった学部の縦割りを
  超えた学位プログラムを新たに創設する

昨年から政府も情報処理関連のテクノロジーに関しては力を入れるようですね。

アメリカなどに比べればかなり遅いですが、ないよりましでしょう。日本は、お上が言えばここからはスピードが速くなるいつもの展開になると想像します。

いつも井上が言ってますが、製造業もいままで同じ「ハードのものづくり」とITやAIなどを活用する「ソフトなものづくり」の融合が重要なります。IoTで繋がり、数値化できたら、もう答えがでたと同じです。改善ポイントが見えるということです。

データを見える化させる、データを改善に活用する

この流れが今後、最重要になるでしょう。

ソリューション

ものづくり企業の経営力の視点
ものづくり企業向けWEBマーケティング
ものづくり現場の賃金評価制度
ロボット導入自動化コンサルティング
技術技能伝承コンサルティング

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ 「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回 」 (社長コメント全文書き起こし) から学ぶ
トヨタの組織変革のリアル
トヨタ、副社長職を廃止 役員階層減らしから見る 組織について考察
トヨタが頭を悩ませているのは「変わろうとしない」社員の存在。〜世代間ギャップは「現代病」〜
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
今後の製造業は 生産技術と教育を 「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧