製造業経営コンサルタントの井上です。

ドイツの製造業購買担当者指数(PMI)を掲載します。

ドイツの製造業購買担当者指数(PMI)2019年11月

2019年11日では、43.8と50の節目を大きく下回っているが、10月の42.1からは改善しました。底がやっと見えてきた感じです。

 予想結果
11月42.843.8
ドイツ 製造業購買担当者指数PMI

景気の良い悪いの判断とされるのが「50」が基準になります。

ドイツ企業の景況感は引き続き低調だが、明るい兆しも見え始めている。輸出主導のドイツ経済に不可欠な海外からの受注の落ち込みが和らいだほか、企業の信頼感は4カ月ぶりに前向きに転じた。マークイットのフィル・スミス氏は「サービス部門はなお底堅さが見られるが、穏やかな成長にとどまり、PMIは約3年ぶりの低水準となった。これに対し、製造業はなお縮小局面にあるが、サブ指数の多くが少なくとも正しい方向に推移しており、何らかのショックがなければ底入れしたようにみえる」と述べた。 (ロイターより

ユーロ圏 製造業購買担当者指数2019年11月

 結果予想前回
11月46.646.445.9

ユーロ製造業購買担当者指数

今後もしっかりチェックしていきましょう。

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧