20180601  製造業の経営者が押さえるべきニュース|アマダIoTを活用

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

日立とアマダ、IoTを活用した生産からバリューチェーン全体までの最適化に向けた協創を開始
Feedly Blog

株式会社日立製作所は、このほど、株式会社アマダとIoTを活用し工場における生産からサプライヤーも含めたバリューチェーン全体までの最適化に向けた協創を開始した。

4月の主要素材生産、粗鋼など6品目マイナス 設備の定修など影響
日刊工業新聞 電子版

金属や化学品など主要素材8品目の4月の生産量は、粗鋼など6品目が前年同月の実績を下回った。一部の素材で生産設備の定期補修が影響。紙・板紙は印刷・情報用紙や新聞用紙が低迷し、アルミニウム圧延

インタビュー/東京大学特任准教授・JDLA理事長 松尾豊氏
日刊工業新聞 電子版

■ディープラーニング、“早くやった者勝ち” 東京大学の松尾豊特任准教授は、ディープラーニング(DL、深層学習)の先端研究に取り組みながら、産業での活用を推進す…

本当に出荷されるのか、謎のAR企業マジック・リープは特許で稼ぐ
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

ユニバーサルロボットが無料Eラーニングを提供、協働ロボットSIヤーの育成も
MONOist 最新記事一覧

 ユニバーサルロボット(以下、UR)は2018年5月31日、東京都内で会見を開き、URの協働ロボットの基礎から、少し複雑な作業フローのティーチングまでを学べる無料オンライントレーニング「Eラーニング」の一般ユーザー

AIが「市民」になる時代?? : ビジネスに創造的破壊をもたらす5つの技術トレンド
ZDNet Japan 最新情報 総合

 アクセンチュアが発表した「テクノロジービジョン 2018」は、今後3年間でビジネスに創造的破壊をもたらす重要な技術トレンドを予測した年次調査レポート。2018年のレポートでは、「インテリジェントエンタープライズ

18年度版”ものづくり白書”に込めた製造業に対する4つの危機感~経産省 多田氏 講演 —スマートファクトリーJapan 2018
Feedly Blog

18年度版”ものづくり白書”に込めた製造業に対する4つの危機感~経産省 多田氏 講演 —スマートファクトリーJapan 2018 田宮 彰仁 1975年生まれ。株式会社アールジーン 取締役。2004年のおサイフケータイの登

安倍晋三首相にAI活用推進の提言 自民・人工知能戦略本部
産経新聞 政治

 安倍晋三首相は31日、自民党の「人工知能未来社会経済戦略本部」の塩谷立本部長らと首相官邸で会い、人工知能(AI)活用の推進に関する提言を受け取った。首相は「第4次産業革命のトップランナーにならない

HEROZは将棋人工知能開発で蓄積したAIサービスを提供
日本インタビュ新聞 株式投資情報

 HEROZ<4382>(東マ)は18年4月東証マザーズに新規上場した。世界最高峰の将棋人工知能(AI)の開発を通じて蓄積したAIサービス「HEROZ Kishin」を提供している。18年4月期大幅増

ブロックチェーン事業に参入相次ぐ gumiやオウケイウェイヴ
日経ビジネスオンライン最新記事

 インターネット企業が仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)関連事業に参入する動きが相次いでいる。スマートフォンゲームのgumiはブロックチェーンと仮想通貨事業に参入。オウケイウェイ

清川メッキ、電子部品向け増強 3層ライン2系列導入
日刊工業新聞 電子版

【福井】清川メッキ工業(福井市、清川肇社長、0776・23・2912)は、9億円を投じ、今秋までに本社工場の電子部品メッキの能力を増強する。車載用を中心に旺盛な…

ファナック、工場用IoT基盤 米欧で運用開始
日刊工業新聞 電子版

ファナックは工場用IoT(モノのインターネット)基盤「フィールドシステム」の運用を米欧で始める。北米では今秋に、ドイツでは2019年春をめどに開始する。東京・有…

経産省、「宇宙ビジネス」支援 衛星軌道上の実証に補助
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は宇宙産業の新潮流を見据え、小型人工衛星・ロケットビジネスを支援する。近年、小型衛星を大量に打ち上げて一体的に運用するビジネスが欧米で急拡大している。一方で日本は衛星の実証機会に乏しく

勉強会のご案内はこちら>>