製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

神戸製鋼所とファナック、異種材料接合で新しい加工法
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 異種材料接合が今、自動車業界の注目の的になっている。自動車ボディーに革新的な軽量化をもたす「マルチマテリアル設計」を実現する上で鍵となる技術だからだ。

鉱工業生産0・1%低下 7月、基調判断は下方修正
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数速報(平成22年=100、季節調整済み)は102・4となり、前月より0・1%低下した。基調判断は「緩やかに持ち直しているものの、一部に弱さがみられる」

3度目の正直、インテルが第8世代Coreの新Uシリーズ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

Armの“囲い込まない”IoTプラットフォームがその先に見据えるもの (1/3)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 このところ、IoT(モノのインターネット)プラットフォームに関するArmの巻き返しがちょっとすごいことになっている。2017年11月の時点ではIoT向けクラウドサービス「Mbed Cloud」の提供が始まるとともに、ゲートウェイな

アマゾン、中小企業の輸出支援 100カ国へ配送代行
日本経済新聞 電子版

 米アマゾン・ドット・コムは日本の中小企業の商品輸出の支援に乗り出す。アマゾンの通販サイトに出品する企業がアマゾンの倉庫に商品を届けるだけで、100カ国・地域からの注文を受けられる。通関を含めた輸出業務

ANAとエアロスペースら、過疎地域においてドローン物流の検証実験を開始
sorae:そらへのポータルサイト

国土交通省と環境省の連携事業「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」の検証実験の実施地域協議会として、ANAホールディングスとエアロセンスと福岡市ドロ

ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」、工場での運搬業務効率化へ導入
Feedly Blog

株式会社ZMPが販売する物流支援ロボットCarriRoが、OSPアドバンス株式会社において、工場での運搬作業効率改善による省人化を目指し導入された。

コンクリートの仕上げはロボットにお任せ!作業速度は7倍に
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

2018/08/31 05:00  鹿島は、床版やスラブの現場打ちコンクリートの表面を自動で仕上げるロボット「NEWコテキング」を開発した。人力に比べて最大7倍の速度で作業できる。西日本高速道路会社が発注した橋梁工事の

【半導体】 中国エアコン最大手GREE、半導体の設計・製造参入
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
CHIC、VR内オブジェクトの感触を手に再現する外骨格ベースの触覚フィードバックシステムを発表
Seamless

CHIC(Center of Human-centered Interaction for Coexistence)の研究者らは、手の三本指に感触を提供する外骨格VR触覚フィードバック・システムを発表しました。

熟練工の技術を動画でマニュアル化する技術継承ソリューション
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧
AIエンジンと産業IoTデータの収集、分析、可視化ソフトを連携して提供
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧
【材料】Mipox---ストップ高、一部メディアで研磨フィルムのシェア100%と紹介
個別株式・225先物トレードダイアリー

<5381> Mipox 553 +80 ストップ高。一部メディアの会社紹介コーナーでMipoxが取り上げられている。番組では「磨いて世界シェア100%」と題してMipoxがハードディスクの最終工程に使用される研磨

ドローンセンター静岡が、10月1日より月額8,640円~で国土交通省認定ドローンライセンスを取得できる通学コースを新設!!
PR TIMES

ドローンセンター静岡が、自分のペースで月2回または月4回通いながらドローンの操縦技術、安全に運航するために必要な知識、撮影した動画を編集する方法を学ぶことができるコースを新設します。 ドローンの知識、操

不二越、初の協働ロボ投入 高い安全性・操作性実現
日刊工業新聞 電子版

不二越は8月に安全柵を設けることなく人と同じ空間で作業できる協働ロボットを投入した。国際規格を満たした安全設計を採用。独自のダイレクトティーチング機能を搭載し、操作性も高めた。協働ロボットは設置

トヨタとVW、中国市場での明暗を分けた30年前の出来事
トヨタとVW、中国市場での明暗を分けた30年前の出来事
ランキング一覧(24時間) | ニコニコニュース

『週刊ダイヤモンド9月1号』の第1特集は、「自動車・電機・IT 40年で完成した日中逆転の全経緯」です。今からちょうど40年前の1978年は、中国が「改革開放」を掲げた年であり、日中平和友好条約が調印された年です。

日本発の電動航空機ベンチャー現る、8人乗りのハイブリッド型を目指す
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 欧米を中心に盛り上がる電動航空機。欧米では数多くのスタートアップやベンチャーと呼ばれるような新興企業が相次いで登場している。そんな中、ある電動航空機ベンチャーが日本で産声を上げた。それが、2018年7月

2025年、1年間に生成されるIoTデータと非IoTデータの合計が163兆GBに到達
TechFactory ����IT �V���L��

 IDC Japanは2018年8月13日、「データエコシステム」および「DaaS(Data as a Service)」に対するプレイヤーの取り組みについての調査結果を発表した。

設備稼働、スマホに可視化 武州工業がアプリ公開
日刊工業新聞 電子版

【立川】武州工業(東京都青梅市、林英夫社長、0428・31・0167)は、製造現場の機械の稼働状況を可視化するスマートフォンアプリケーション(応用ソフト)「生産性見え太君」を公開した。従業員の

第31回中小企業優秀新技術・新製品賞、9月3日募集開始
日刊工業新聞 電子版

りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(経済産業省・中小企業庁後援)の作品を9月3日から募集します。

2019概算要求/政府の研究開発、ロボ・AIが主役に
日刊工業新聞 電子版

政府の2019年度予算概算要求における研究開発は、ロボット・人工知能(AI)が主役となる。ロボット・AIは、社会課題の解決やイノベーションを目指すには不可欠な基…

埼玉県、ドローン活用補助金の交付企業9件決定
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本 MEMSデバイス徹底入門 「つかう」「わかる」「つくる」マイクロマシン・センサ

7月の建機出荷、5%増の2163億円 21カ月連続増
日刊工業新聞 電子版

日本建設機械工業会(建機工)が30日発表した7月の建設機械出荷金額統計(補給部品を含む総額)は、前年同月比5・7%増の2163億円と21カ月連続で前年実績を上回…

日本精工がボールネジ増産 電動ブレーキブースター向け、2.5倍の年500万本
日刊工業新聞 電子版

日本精工は2021年にも世界で電動ブレーキブースター向けボールネジの生産能力を現状比2・5倍の年500万本に引き上げる。投資額は40億―50億円を見込む。海外では早ければ22年にも緊急自動ブレー

 

勉強会のご案内はこちら>>