20180527  製造業の経営者が押さえるべきニュース|IoT基盤の連携実証

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

ファナック・三菱電など、経産省と協力してIoT基盤の連携実証 20年度仕組み確立
日刊工業新聞 電子版

ファナックや三菱電機など複数の生産設備メーカーが経済産業省と協力し、各社のIoT(モノのインターネット)基盤(プラットフォーム)の連携に向けた実証プロジェクトを立ち上げる。生産データの形式(フォ

渋滞に1台の自律走行車がいるだけで、クルマの流れがスムーズになる:研究結果
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

まだ高価なうえ、一部のモデルにしか採用されていない自動運転技術。ミシガン大学が発表した研究によると、渋滞のなかにコネクテッドな自律走行車が1台あるだけで流れがスムーズになり、渋滞が解消される可能性すら

“ルンバ風”掃除機が夜の工事現場を走る
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)も閲覧可能です  大人の腰ほどの高さのロボットが、コンクリートの床面をはうように直進して来た。誰も付き添ったり、リモコンを操作したりしていない。動き方は、家庭用

エリック・シュミットが、イーロン・マスクはAIについて「完全に間違っている」と語った
TechCrunch Japan

Googleの元CEOであるエリック・シュミットが、AIに対するイーロン・マスクの警告について意見を求められたときの答は簡潔なものだった:「私はイーロンが完全に間違っていると思っています」。

日本で無人タクシー 独コンチネンタル、年内に試験車両導入
日刊工業新聞 電子版

独コンチネンタルは年内に無人で自動走行するロボットタクシーの試験車両を日本の拠点に導入する。独にある試験車両と同じモデルを日本向けの仕様に調整し、自社のテストコースで試験走行を始める計画だ。20

スマート農業市場、2025年には123億円に拡大 担い手不足は農業ICTや農業用ロボットで
RSS new article

 日本の農業は担い手の高齢化で労働力不足が深刻化しており、農作業の省力化や軽労化などが重要な課題となっている。そこで農林水産省は、ロボット技術やICT(情報通信技術)を活用し、超省力で高品質な生産を実現

ウーバー、パリに「空飛ぶ車」研究施設 米国外で初の拠点
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズは24日、フランスのマクロン大統領がパリで主催したテクノロジー会議「テック・フォー・グッド・サミット」で、米国以外で同社初となる研究開発(R&D)センターをパリに

車載電池の世界最大手、日本に上陸 中国CATL、EV「強国」の野望を象徴 (1/2ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 車載電池の分野で世界最大手とみられる中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は25日、横浜市内に日本の営業・開発支援拠点を開設した。日本の自動車メーカーとの連携を強化し、各社が今後、中国市場に投入する

サムスン、2020年までに全製品へのAI機能搭載を計画
Engadget Japanese RSS Feed

サムスンはこれまでも、「Bixby」のようなAI(人工知能)機能のモバイルデバイス以外への展開を表明してきました。しかし、どれくらい待つ必要があるのでしょう? 実際のところ、かなりの期間が必要なようです。

スペイン、バルセロナにブロックチェーンセンターを設立
Cointelegraph.com News

 バルセロナ・テック・シティは、ブロックチェーン技術開発のためのエリア開発を計画している。スペインの地元ニュースメディア ラ・バングアルディアが24日に報じた。

FCVの年間販売3万台へ、トヨタ自動車が本社工場と下山工場で生産設備拡充
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧
2017年の世界半導体材料市場は約469億米ドル、台湾が8年連続で最大消費地に
TechFactory 最新記事一覧

SEMIは2018年4月24日(米国時間)、2017年の世界半導体材料市場が約469億米ドルになったと発表した。2016年に比べて9.

 

勉強会のご案内はこちら>>