20181005  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|ヤマハの自立するロボット・オートバイ「MOTOROiD」

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

【圧倒的未来感】ヤマハの自立するロボット・オートバイ「MOTOROiD」(モトロイド)が転倒しないしくみ 開発者インタビュー
ロボスタ

ヤマハ発動機は東京モーターショーで2つのロボット技術を紹介した。 ひとつは既報のとおり「MOTOBOT Ver.

サムスン営業益最高 7~9月20%増 DRAM好況
日本経済新聞 電子版

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は5日、2018年7~9月期の連結営業利益が前年同期比20%増の17兆5千億ウォン(約1兆7500億円)だったと発表した。主力の半導体が依然として好調で、2四半期ぶりに過去最高を更新した。同

MaaSとは 移動のサービス化、米欧中で170兆円市場へ きょうのことば
日本経済新聞 電子版

▼MaaS 移動手段のサービス化を表す「モビリティー・アズ・ア・サービス」の頭文字から「MaaS(マース)」と呼ばれる。自動車などのモビリティー(移動手段)をサービスとして提供する。消費者にとっては、車の価値が

ドバイの新築建物の4分の1が3Dプリントへ。雇用の場での人手不足解消目指す
IDEAS FOR GOOD

日本ではいま、少子化などにより雇用の場での人手不足が起きているが、世界でも人手不足や高齢化などで窮地に陥っている建設会社がいくつもある。アラブ首長国連邦(UAE)の首都ドバイの建設業界もその一つだ。ただ

上海にある40の高校で「AIを学ぶ教科書」使用。進む中国のAI教育
IDEAS FOR GOOD

AI(人工知能)は近年、飛躍的に注目を集める存在となった。従来は生身の人間でしかできなかった物事を、人と同等かそれ以上のレベルで行うことができるようになり、技術や経済などさまざまな場面で空前の可能性をも

有望ベンチャーを「えこひいき」 経済産業省「J-Startup」の狙い
PROJECT DESIGN – 月刊「事業構想」オンライン

日本からユニコーン企業を創出することを目指し、官民が一体となって、有望ベンチャーへの集中支援を行う「J-Startupプログラム」が、今年6月にスタートした。J-Startupプログラムの狙い、これからの展望について、経済産

米リシンク・ロボティクスが事業をクローズ ルンバの開発で知られるロドニーブルックス博士らが設立
ロボスタ

The ROBOT REPORTが「米リシンク・ロボティクスが事業をクローズする」(Rethink Robotics Closes its Doors)ことを報じた。ロボスタでも関係者に確認を取ったところ、残念ながらこれは事実のようだ。

従来品より小型軽量化!VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」提供開始!
VR Inside

発売先が限定されていた旧デバイス「EXOS Wrist DK1」とは違い、「EXOS Wirst DK2」は限定なしの通常販売が決定しています。

未来くるぞ……! Microsoftが発表したARメガネ「HoloLens」がまさに電脳コイルな件
ねとらぼ 最新記事一覧

Windows 10はホログラフィック対応だってさ! 未来が近づいてるな!  米Microsoftが、現実世界にさまざまな情報を重ねて表示できるAR(拡張現実)対応のメガネ型デバイス「HoloLens」を発表しました。空間に浮かび上がるコン

半導体市場、「ハイパーサイクル」など存在しなかった…メモリ「バブル」終焉の後先
ピックアップ | ニコニコニュース

 2016年下半期から半導体市場が前年同月比でプラス成長を続け、これまでの「シリコンサイクル」から「ハイパーサイクル」という言葉が生まれ、絶好調が続いているかのような様相を見せてきた。ところが、半導体チッ

エッジコンピューティングに向けてAIデバイス一気登場
ピックアップ | ニコニコニュース

グーグルは何と15カ月で半導体を作ってしまった  モノをインターネットに接続することですべてがスマート化できる。それは工業、農業、運輸、施設設備、環境、医療、介護、警備、宇宙環境計測、構造物計測、生態計測

デンマークの「IT×水産養殖」複数企業がビッグデータを共有・AIによる研究開発へ
植物工場・農業ビジネスオンライン

BioMar社 サーモン、マス、スズキ、ティラピアなど、様々な魚を養殖する企業。 DANISH SALMON サーモン専門の養殖企業。環境制御が可能な大型生産施設を稼働 北米2018.10.

働き方改革「着手」38% 県内企業 目的最多は人材定着 民間調べ
日本経済新聞 電子版

帝国データバンク静岡支店は、働き方改革に静岡県内企業の38%が取り組んでいるとする意識調査をまとめた。今後取り組む予定の企業と合わせると62%に上った。多くの企業が人材の定着のために長時間労働の是正に取り組

 

[box06 title=”あわせて読みたい”][/box06]

 

勉強会のご案内はこちら>>