20180523  製造業の経営者が押さえるべきニュース|Yコンビネータ

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

未来をつくる9つの技術。「Yコンビネーター」が注目する次のビジネスチャンスはどこ?
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » 未来をつくる9つの技術。「Yコンビネーター」が注目する次のビジネスチャンスはどこ? のコメントのフィード

先日ついに上場した『Dropbox』、ユニコーン企業として世界から注目を集める『Airbnb』や『Stripe』。この3社にはある共通点がある。これまでいくつものスタートアップを輩出してきたアクセラレーター『Y Combinator(以下・YC

MRJの主力を三菱重工が「70席モデル」に決めた理由
ASCII.jp - トップ

三菱リージョナルジェット(MRJ)は「型式証明」の取得が遅れ、開発費はすでに6000億円に上っているとされる。しかし宮永俊一・三菱重工社長は「MRJは国民の期待を背負っている」として事業継続に腹をくくる Photo:AFP

いよいよ登場、JRCのセンチメートル級GNSSチップ
EE Times Japan 最新記事一覧

 日本無線(JRC)は、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018」(2018年5月23〜25日、東京ビッグサイト)で、マルチ衛星システムに対応したGNSS(全球測位衛星システム)チップ「JG11」を展示した。同チップは9×9mmと小型

配膳を自動化するロボット「Penny」、飲食店のフロアが回転寿司レーン化?!
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

AIやロボットが仕事を奪うことは、必ずしも悪いことばかりではなく、とりわけ経営者や消費者にとっては歓迎すべきことのほうが多い…

1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門
RSS | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門

日清紡、旭化成などが電子材料展開急ピッチ  競馬とオリンピック以外はほとんどテレビを見ることがない筆者ではあるが、たまにドラマなどは見ることがある。そうしてボーッとしている時間は意外と疲れが癒えるの

産業用ロボット、17年の受注額最高 27%増の9447億円
日本経済新聞 電子版

 日本ロボット工業会(東京・港)は23日、2017年の産業用ロボットの受注額(会員、非会員の合計)が前年比27.

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測
DroneTimes|ドローンタイムズ

 RESEARCH&MARKETS社の予測によれば、精密農業の市場は2018年から2023年にかけて13.

ひなのように“親”を追う搬送ロボ、見た目はあえて「普通の台車」
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)も閲覧可能です  耳なじみのある童謡「メリーさんの羊」の曲に乗せて、台車が自動で走行する。さらにその後ろを同型の台車が付いて行く。その姿はまるで、カルガモの親子

量子コンピューターはサービス業、シリコン化できれば産業の裾野が広がる
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH有料会員限定ですが、2018年4月26日5時まではどなたでもご覧いただけます。

積水ハウス・テムザック、施工ロボ共同開発 天井ボード張り、負担7割軽減
日刊工業新聞 電子版

積水ハウスとテムザック(福岡県宗像市、高本陽一社長、0940・38・7555)は、住宅の施工現場で活用する「天井石こうボード張り施工ロボット=写真」を共同開発する。2020年の実用化を目指す。同

労災隠しが横行か? テスラ元従業員らが証言した 「未来の工場」の驚きの実態
MITテクノロジーレビュー

X-Menに登場するキャラクターの名前を付けられた巨大な赤いロボットが自動車部品を空中に持ち上げ、従業員がアルミ製の車体に黒いタイヤを取り付けている。フォークリフトや牽引車が、灰色に塗装されたフロアを勢いよ

ロボット工業会、会長に橋本康彦氏
日刊工業新聞 電子版

日本ロボット工業会は23日、東京都内で総会を開き、新会長に川崎重工業の橋本康彦常務執行役員(61、写真)を選出した。

「産業標準化法」成立 JIS違反、罰金上限1億円
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

今年度「設備投資行う」62% 企業規模で格差 帝国データ調べ
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

4月の工作機械受注、22%増1630億円 17カ月連続増
日刊工業新聞 電子版

日本工作機械工業会(日工会)が23日発表した工作機械の4月受注実績(確報値)は、前年同月比22・0%増の1630億6300万円で17カ月連続で増加した。単月で過… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

サムスン、英国とカナダ、ロシアにAIセンター開設--計5施設で研究者1000人を確保
CNET Japan 最新情報 総合

 サムスン電子の研究部門であるSamsung Researchは、英国のケンブリッジ、カナダのトロント、ロシアのモスクワに人工知能(AI)の研究センターを開設すると発表した。韓国のソウル、米国のシリコンバレーに設けた2つの既

「空飛ぶタクシー」の構想を巡り、Uberと“鉄壁”の規制当局の攻防が始まった|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

ドローンによる「空飛ぶタクシー」の試験運用を2020年にも実施すると表明しているUberと、規制当局との攻防が本格化し始めた。ライドシェアの分野においては、これまで法の遵守より事業拡大を優先するかのような動きを

17年度の実質賃金、2年ぶり減 毎月勤労統計
日本経済新聞 電子版

 厚生労働省が23日発表した2017年度の毎月勤労統計(確報、従業員5人以上)は、1人あたりの現金給与総額が0.7%増の31万7844円だった。実質賃金は0.

段ボール大増産時代 世界需要2割増、王子や中国最大手が増産
日本経済新聞 電子版

 世界で段ボールの需要が急増している。インターネット通販の急拡大で梱包や配送に使う量が増えている。原料となる板紙の需要は2022年に16年比で約2割増える見通し。デジタル化によって印刷・新聞用紙が減るなか、

AR(拡張現実)世界内の土地(デジタルランド)を購入できるブロックチェーンサービス:「Arcona(アルコナ)」
PR TIMES

Arcona(アルコナ)は、世界中で現実世界と仮想世界を融合させる情報空間の創造を目指しているエコシステムです。そして、その根幹にあるのが世界中の大手IT企業が開発を進めるAR技術とビットコインの基となるブロック

「スマホで稼がないスマホメーカー」シャオミ、その異色のビジネスモデルに迫る
BUSINESS INSIDER JAPAN

中国の大手スマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)が香港証券取引所に上場を申請した。2014年のアリババグループ以来となる大型中国企業の上場として注目を集めている。

DMG森精機、日米で2新工場 「ターンキー」増強
日刊工業新聞 電子版

DMG森精機は、2019年に自動車や建設機械の部品加工ラインを組み上げる新工場を日本と米国にそれぞれ建設する。工作機械や搬送装置などで構成する加工ラインを、丸ごと供給するターンキー事業の工場。1

ゼネコン各社でロボット、AI活用広がる 省人化を加速 (1/2ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 ゼネコン各社が自律型ロボットや人工知能(AI)の活用による省人化の技術開発を加速させている。高齢化による離職など建設技能労働者の人手不足が深刻化する中、先進技術の導入で作業の効率化を進め、人への負

「中国ブロックチェーン産業が基本的に構築」産業白書
「中国ブロックチェーン産業が基本的に構築」産業白書
経済

工業・情報化部情報センターが20日に発表した「2018年中国ブロックチェーン産業白書」によると、中国ではブロックチェーン産業が基本的に構築されたという。2018年3月末現在、中国のブロックチェーン業務を主業務とす

グーグルが500億円出しても欲しかった ビジネスが激変する「データ」とは?
ダイヤモンド・オンライン – 新着記事

宇宙ビジネスコンサルタント。清水建設宇宙開発室、JAXAでの勤務を経て独立。現在は、アメリカやヨーロッパの宇宙企業のプロジェクトに参画するなど、国内外の商業宇宙開発の推進に取り組む。アメリカの宇宙企業100社

炭素繊維複合材料3Dプリンティング製品販売企業Arevoへの出資について
PR TIMES

3Dプリンターは、設計データをもとに、一層ずつ材料を積層していくことにより、立体モデルを製作する機械です。メーカーが大量生産を行う前に製品の構造・デザイン・機能などを確認するための試作品を作る目的で開発

「日本人は働きすぎ」 AI失業時代、ベーシックインカムで解決を 井上智洋さんに聞く (1/3)
ITmedia NEWS 最新記事一覧

AI時代は、もう人間は働かなくていい? 経済学者の井上智洋さんが「AI時代のベーシックインカム」を説く。  AI(人工知能)が進化を続ければ、私たちが今取り組んでいる仕事の多くは無くなる可能性が高い。AIの進化を

ARで生産設備の保守作業を効率化 - シュナイダーが国内販売を強化
マイナビニュース テクノロジー

シュナイダーエレクトリックは5月18日、2017年8月より国内提供を開始した、拡張現実(AR)を活用することで、生産現場における保守作業の効率化、人為的なミスの削減などを可能とするソリューション「EcoStruxure Augmented Operato

経営課題はAIで解決 ブレインパッド、中小向けサービス開始
日刊工業新聞 電子版

ブレインパッドは、顧客企業の経営課題を人工知能(AI)で解決する新たなサービスプラン「+AI(プラスエーアイ)」の提供を始めた。AIへの関心が高まり、活用して経営を改善したい企業が増える一方、何

3月の射出成形機受注、21%増で16カ月連続プラス
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

生産設備の油漏れ監視 旭化成テクノが装置、月内に受注開始
日刊工業新聞 電子版

旭化成テクノシステム(東京都千代田区、高橋安美社長、03・3296・3921)は、生産設備からの油漏れを監視する装置を開発した。紫外線を出す発光ダイオード(LED)を取り付けたセンサーを利用し、

日野自、無人隊列走行実現 25年以降に
日刊工業新聞 電子版

日野自動車の自動運転技術の開発スケジュールが固まってきた。2023年をめどに後続車両が自動追従する有人隊列走行を実用化し、25年以降には自動運転による後続無人隊列走行を実現する。22年にはシステ