20181205  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|オーディオARサングラス「Frames」

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

BoseのオーディオARサングラス「Frames」、200ドルで1月発売へ
ITmedia NEWS 最新記事一覧

 米Boseは12月4日(現地時間)、“オーディオAR(拡張現実)”プラットフォーム「Bose AR」搭載のサングラス「Frames」を2019年1月にまずは米国で発売すると発表した。価格は199.

受託金属積層造形の先駆けはオーダーメイド医療を目指す (1/3)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 最終製品への3Dプリンタの活用が進む中、受託造形を行う企業も増えている。金属3Dプリンタなどでの受託造形を専門とするJ・3Dは、2013年に従来の鋼材販売・切削加工から現在の積層造形事業へと舵を切った。現在は自動

老朽インフラ補修、公共事業2割上積み 政府方針 【イブニングスクープ】
日本経済新聞 電子版

政府は老朽化した重要インフラを補修するため、2018年度から20年度までの3年間で3兆円超を投じる方針を固めた。年末に決める19年度予算案では1兆円超を計上する。当初予算ベースの公共事業関係費は前年度より2割増の7兆

超音波式の「画面内指紋センサー」が2019年スマホにやってくる──クアルコムが開発
Engadget Japanese RSS Feed

米国ハワイ州で開催中のSnapdragon Tech Summitより。クアルコムは、超音波を使った「画面内指紋センサー」技術を発表しました。2019年前半発売のスマホに搭載される見通しです。

Virgin Galactic、クリスマスまでに有人宇宙飛行を実現?--ブランソンCEOが自信見せる
CNET Japan 最新情報 総合

 Virgin Galacticは12月中に重要な節目を迎えることになるかもしれない。ついに同社が宇宙に人を送り出すのだという。

クアルコム、5G対応の「Snapdragon 855」を発表
CNET Japan 最新情報 総合

 Qualcommは、多くの「Android」スマートフォンに搭載されることになるであろう同社の次期プロセッサ「Snapdragon 855」を発表した。  「5G導入に向け、これがモバイルプロセッサとして5G対応スマートフォンに搭載されること

可搬重量10kgに対応した産業用スカラロボット、バッテリーレスでシンプル化
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

セイコーエプソンは、産業用スカラロボット「LS」シリーズの新商品「LS10」の国内受注を開始した。可搬重量は10kg。アーム長は600〜800mm、Z軸長は200、300mmを用意しており、作業スペースや用途に応じて選択できる。

AMDの7nmプロセス採用サーバCPU - 2019年に市場シェア拡大の期待
マイナビニュース 企業IT

台湾TrendForceは、データセンターのサーバ向けCPUに関する動向調査を実施。その結果、2018年もx86がサーバCPUの主流アーキテクチャであり、引き続きIntelが全世界のサーバCPU出荷数量の約98%を占めてほぼ独占状態にあるが、2019

2019年の半導体業界はどうなる? - 設備投資額は2桁減の予測
マイナビニュース 企業IT

米IC Insightsは、2018年の半導体業界の設備投資総額が前年比15%増の1071億ドル(約12兆円)になるとの最終的な予測を発表した。

川重がデブリ除去で衛星分野に参入、2020年にも打上げ-国際航空宇宙展2018
マイナビニュース 企業IT

国際航空宇宙展2018において、川崎重工業は現在開発中のデブリ(宇宙ゴミ)捕獲システムについて紹介していた。同社が掃除のターゲットとしているのは、軌道上を漂っているロケット上段。技術実証のために、現在60kg級の

建設業の生産性が過去10年で最高、日建連調査
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 日本建設業連合会(日建連)の調査で、会員企業が受注した工事の2017年度の生産性が、調査対象とした過去10年で最高となった。17年度に売り上げを計上した工事全体の技術者・技能者1人、1日当たりの完成工事高は、前

「空飛ぶクルマ」を「ドクターヘリ」に、ドイツで検証開始
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 救命救急用ヘリコプターの運用などを行っているドイツの非営利団体ADAC Luftrettungは、「空飛ぶクルマ」による同ヘリコプター代用に向けたフィージビリティスタディー(実行可能性調査)を始める(発表資料)。機体に

安川電機の次世代モーター工場、データの生かし方に注目せよ
ニュースイッチ

 安川電機は工場の稼働データを活用した生産支援サービスに乗り出す。サーボモーターの基幹工場にデータの収集が可能なソフトウエアを導入して人工知能(AI)などで解析。設備の故障予知や工数の削減などにより、

企業で活用広がるAR/VR/MRの2019年を展望
ZDNet Japan 最新情報 総合

 2018年における法人向け分野の大きなITトレンドとして、企業向けの拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を活用した従業員向けの訓練プログラムが挙げられる。例えば、WalmartやTyson Foodsといった巨大企業は、最新のMR技術を用い

オリックス、中古工作機械で攻勢 地銀・信金と提携加速
日刊工業新聞 電子版

オリックスは、中古の工作機械の販売・レンタル先の拡大に向けて、地方銀行や信用金庫など金融機関との提携を広げる。提携先の金融機関数を現在の16から、2018年度中にも30とする。自然災害が相次いでいるこ

政府・与党、中小の法人減税延長 消費増税の影響配慮
日刊工業新聞 電子版

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

7―9月の半導体製造装置、出荷額11%増 米SEMIまとめ
日刊工業新聞 電子版

米SEMI(カリフォルニア州)は4日、2018年7―9月期の半導体製造装置出荷額がグローバルで前年同期比11%増の158億4000万ドル(約1兆8000億円)だ…

エンジ2社、経営再建急ぐ 財務基盤の安定不可欠
日刊工業新聞 電子版

米国のプラント建設の影響で業績が悪化したエンジニアリング2社が経営の立て直しに奔走している。東洋エンジニアリングは第三者割当増資で優先株を発行して150億円を調…

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>