20180723  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|網膜投影型がVR、AR

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

気分はもうボトムズ! 2018年、網膜投影型がVRブームを革命する
気分はもうボトムズ! 2018年、網膜投影型がVRブームを革命する
ピックアップ | ニコニコニュース

ほぼSFな網膜投影型デバイスがついに発売 私たちの生活はどう変わる?

車1台当たりの利益 ダイムラー59万円、トヨタの2倍 刻んでみました 収益力分析(1)自動車
日本経済新聞 電子版

 企業の利益をモノやサービスの1単位当たりで刻んでみると、利益の絶対額とは異なる世界がみえてくる。同じ業界で効率的に稼ぐ企業はどこか。国内外の企業の実力を比較した。第1回は世界の自動車メーカーの1台

日本のロボット産業をけん引するのは愛知県だ
ニュースイッチ

 愛知県はサービスロボットの実用化に向けて、企業の研究開発支援を強化している。中部国際空港島に建設する展示場で、2020年に開かれる国際ロボット競演会「ワールドロボットサミット」(WRS)を契機に、ロ

2020年発売の Porsche 初の完全電動スポーツカー Taycan に購入希望者が殺到
HYPEBEAST.JP

2020年発売の Porsche 初の完全電動スポーツカー Taycan に購入希望者が殺到 EVスポーツカーの草分け的存在「Tesla」のロードスターを脅かす1台に By /6 Hrs ago/Automotive Footwear 昨年末にベール

Google Home、Amazon Echoは「3兆円」のスマートホーム市場をどう変えるのか?
ビジネス+IT HotTopics

スマートホーム化で家族団らんが増える?  照明、カーテンの開閉装置、AV機器、エアコン、暖房器具、冷蔵庫、ドアロックといった、家の中のさまざまな電化製品がインターネットに接続される「つながる世界」

ロボットスーツ、被災地活躍の舞台裏 「社内でかき集め、大急ぎでプログラム書き換えた」──西日本豪雨で
ITmedia NEWS 最新記事一覧

 「社内のロボットスーツをかき集め、大急ぎで災害現場向けにプログラムを書き換えました」──筑波大学発のベンチャー、サイバーダイン(茨城県つくば市)の中澤泰士さん(営業部)はそう振り返る。

【中国を読む】景気堅調、企業の資金繰り良好 社債デフォルト増加は「社債市場改革」の結果か (1/3ページ)
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 このところ一部では、中国経済の減速が鮮明になったとの見方がある。社債のデフォルト増加が金融危機の予兆であるという見方も台頭している。確かに、中国の実体経済をみると、弱い動きも散見されるようになった

ロボットベンチャーの人機一体、滋賀県草津市に新社屋
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 ロボットベンチャーの人機一体(滋賀県草津市)は、開発中の身長4メートルの2足歩行ロボ「人型重機」の新たな研究開発拠点となる新社屋が完成した。24日に現地で完成式を開く。天井の高さ8.5メートルの室

「空飛ぶクルマ」の訓練施設に初潜入、目前の飛行デモに大興奮!
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です  米国の新興企業Kitty Hawkは、同社が開発した1人乗り電動航空機「Flyer」の飛行デモと、同機の購入者(操縦者)に対する訓練施設を報道機関向けに披露した。同社は

ファッション産業を変える? Tシャツを全自動で作るロボット「Sewbo」が画期的
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

従来、服を生産する工程は、労働集約的で実に手間のかかる作業だ。途上国での労働搾取を始めとする、センシティブな問題にも関わることが多い。 ・全自動のTシャツ製造ロボット 今回紹介する「Sewbo」、何と人の手を借

半導体産業 人工衛星における次世代パワーデバイスの役割と期待
日刊工業新聞 電子版

電気推進によって推進剤を5分の1程度に削減できる一方、大電力化に伴い、電源機器の質量が増加している。さらなるミッション機器の搭載率向上のためには、電源機器の小型軽量化が重要となっている。

食べ物を自動運転車やロボットで配送? アメリカで実験活発、「セルフデリバリー」とは (1/4ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 アメリカでは今年に入ってから、自動運転中の車による死亡事故が相次いで2件発生し、一部では見直し論も起きた。しかし自動運転技術は着実に進化しており、近い将来普及することは間違いない。一般に自動運転車

「若い社員」が次々辞める会社に足りないもの
東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

思わず“タイトル買い”した読者も多いのではないだろうか。まるで連鎖反応のように、短期間のうちにゴソッと若者が辞めていく光景。採用難の時代、社員に長く働き続けてもらうこと、「リテンション」(定着・引き

 

 

勉強会のご案内はこちら>>