20180305 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|次世代通信「5G」

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

次世代通信「5G」1年前倒しは、どれだけヤバい事なのか
MONEY PLUS

携帯端末の次世代通信規格・5Gの導入が早まりそうです。これまで日本で5Gが始まるのは東京オリンピックが開催される2020年だとされていました。が、欧州や米国では1年前倒しの2019年になりそうだというニュースが入って

AIと弁護士が勝負、より正確に200倍速く仕事をするソフトに軍配
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

ファーウェイが5Gの先に見据えるグローバルなIoT戦略(2018.03.05)
トピックス

MWC 2018ファーウェイ展示ブース  ファーウェイは、2月26日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congress (MWC) 2018において、第5世代移動体通信(5G)、オールクラウドネットワーク、動画、IoTの世界

日本人初、グーグルに会社を売却した起業家が早稲田を志した理由 〈dot.〉
全新着記事|AERA dot. (アエラドット)

 銀行勤務、MBA留学を経て、人型ロボットベンチャーを起業。わずか2年でグーグルに売却し、注目を浴びた日本人が、加藤崇さんだ。現在は米国で新たな企業を設立し、AIを使った新事業に挑む。「早稲田理工 by AERA」(

働き方改革 中小に助成金 残業上限規制達成企業に最大150万円 
産経新聞 経済

 働き方改革関連法案の成立に向け、厚生労働省が作成した中小企業対策の全容が3日、分かった。働き方改革の影響が直撃するとみられる中小企業向けの助成金を充実させることが柱。3社以上で組織する中小企業の事

トヨタ、異業種との競争へ総力戦、グループの資源結集
日経ビジネスオンライン最新記事

 トヨタ自動車が自動運転技術の新会社を設立するのは、自社単独での開発では米グーグルなどIT(情報技術)の巨人との競争に勝てないという危機感があるためだ。グループの総力を結集しつつ外部の人材も取り込み

ロボットを「完璧」なものにするために、いま何をなすべきか──研究者たちが提唱した「10の課題」|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

SF世界の住人だったロボットたちが日常に浸透しつつあり、安全かつ快適に協働するために人と「親密な関係」を築けるロボットの開発が進んでいる。雑誌『Science Robotics』に提示された「10の課題」から見える、人とロボッ

鴻海、AIに巨額投資 5年間に375億円
人工知能ニュースメディア AINOW

【台北共同】台湾紙の自由時報は、シャープを傘下に抱える台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が2日、人工知能(AI)の研究開発拠点「AI応用実験室」を設立すると発表したと報じた。AI分野で今後5年

自動化はどこまで進んでいる?? :
ZDNet Japan 最新情報 総合

 国際ロボット連盟(IFR)が新たに発表したレポートでは、世界的なロボット市場の拡大の度合いを測る興味深い指標が用いられている。その指標とは、ロボット密度だ。

川崎重工製のN700系新幹線の亀裂箇所は痺れる設計だった
WICの中から

川崎重工製の新幹線台車に亀裂が入っていたインシデント、ショッキングな破損画像と「安全神話」が謳われる新幹線の問題ということで、大きく取り上げられています。

グーグル、誰でもAIを学べるサイト「Learn with Google AI」を公開
CNET Japan 最新情報 総合

 Googleは、機械学習や人工知能(AI)に関心のあるすべての人を対象とした教育リソース一式を一般公開した。この分野により広範な視点をもたらす狙いがある。