20180720  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|工場のIoT基盤

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

工場のIoT基盤、相互乗り入れ 三菱電機・ファナック・DMG森精機
日本経済新聞 電子版

 三菱電機、ファナック、DMG森精機の3社は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使って工場の稼働データを管理するシステムの相互乗り入れで連携する。2018年度内をめどに3社のシステム間でデータの

独コンチネンタル、持ち株会社へ 自動運転/コネクティビティ、1.7万人増員
AUTOCAR JAPANAUTOCAR JAPAN

独コンチネンタルAGの取締役会が、同社の歴史において最大規模の組織再編成を決定した。

【未来の輸送】滑走路で翼を取り外して「電車」に変身する飛行機
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

韓経:サムスン、1.5倍速いDRAMを世界で初めて開発…ギャラクシーS10に搭載
韓経:サムスン、1.5倍速いDRAMを世界で初めて開発…ギャラクシーS10に搭載

写真拡大 サムスン電子が超高解像度(UHD)映画14本を1秒で転送できる次世代モバイルDRAMを世界で初めて開発した。データ処理速度が既存製品より50%ほど速く、第5世代(5G)スマートフォンと自動運

中国最強電池「CATL」がパナ粉砕
本誌記事アーカイブ:FACTA online

電池の性能は3倍、工場の生産能力は6倍。日本の車用電池メーカーは近い将来、半導体や液晶パネルと同様「壊滅」する。

ラリーペイジ出資の空飛ぶ車「BlackFly」、SUV並みの値段で来年にも一般発売へ
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

シリコンバレー拠点のスタートアップOpenerが“ステルスモード”で開発を進めてきた空飛ぶ車をこのほど公開した。

1500カ所の充電拠点を整備、2輪車メーカーが電池「交換式」に本格参入
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

「音」だけで機械の故障を見抜く人工知能システム「EARS」開発...人間が聞こえない異音をキャッチ
ROBOTEER

フィンランドとオランダの企業が協力し、音だけでモーターやパイプなど、インフラ設備や機械の問題を探ることができる人工知能(AI)システムを開発しているという。

力触覚伝達技術で遠隔ロボット操作の容易化を目指す大成建設
マイナビニュース テクノロジー

大成建設は、7月18日~20日にかけて東京ビッグサイトにて開催されている工場・プラントと社会インフラの環境対策、省エネ化、IT化の推進を支援する総合エンジニアリングの展示会「スマートエンジニアリングTOKYO 2018」に

産総研など、3Dプリンターで入れ歯 コスト半分以下に
日本経済新聞 電子版

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と歯科用合金製造・販売のアイディエス(東京・文京)は、3Dプリンターを使ってコバルトクロム合金粉末から壊れにくく患者に適した入れ歯を短時間で製造する技術を開発し

経産省、中小BCP策定支援 今秋から全国ワークショップ
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は自然災害によるサプライチェーン(部品供給網)の寸断を防ぐため、製造業に対し事業継続計画(BCP)策定を支援する活動を2018年秋から始める。西日本豪雨では自動車業界などに被害が発生し

空飛ぶクルマTerrafugia、2019年の市販開始を発表。吉利の買収で開発体制が安定
Engadget Japanese RSS Feed

折りたたみ翼式空飛ぶクルマの開発を続けるTerrafugiaが、2019年にも市販モデルの販売を開始すると発表しました。2006年から続く開発では、もともと2011年の出荷を目指していたものの、のちに2013年へと修正。その後さらに延

コンチネンタルが3社に分社へ、自動運転やコネクトカーを重視 2020年
レスポンス

コンチネンタルは7月18日、2020年に3社体制に分社すると発表した。コンチネンタルオートモーティブ、パワートレイン、コンチネンタルラバーの3社に再編する。

クラリティPHEV 今までのPHEVとの違い、ミニインプレ ホンダ
AUTOCAR JAPANAUTOCAR JAPAN

ー クラリティの新型とは ー EV走行 航続距離/最高速は? ー 試乗 ペダルにクリック感 ー 価格/バリエーション/試乗車スペック

製造業のアフターサービスを“稼働時間確保サービス”へ、シンクロンが後押し
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 アフターサービスパーツ管理ソリューションを展開するシンクロン(Syncron International)が、製造業のアフターサービスのビジネスモデル変革に向けた提案活動を活発化させている。現在の製造業では、製品が故障した際

VRによる顧客行動分析サービス、ユーザーの動向を瞬時に把握
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 スペースリーは2018年7月2日、360度VRによる営業マーケティング支援ツール「セールス VR」の提供を開始した。不動産業や旅行観光業など、360度VRコンテンツを利用するさまざまな分野での利用を想定している。

 

勉強会のご案内はこちら>>