20180918  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|ロボット制御のMUJINの戦略

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

販路なし、商品なし。ゼロから始まった超テック系スタートアップMUJINの戦略
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

「Google無人運転タクシー」の登場でモビリティの稼ぎ方は新時代へ
WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ) 最新記事

 米国アリゾナ州では年内にもウェイモ(Waymo)による「無人運転」の配車サービスが開始される。「移動革命」の始まりだ。クルマはモビリティサービス(MaaS)を提供する〝箱〟になり、シェアリングカーと公共交通機関

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念
副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念
Yahoo!ニュース

 政府が推進する会社員の副業や兼業について、4分の3以上の企業で認める予定がないことが、厚生労働省所管の独立行政法人、労働政策研究・研修機構の調査で明らかになった。

自動運転レベル4の定義や導入状況を解説&まとめ 実現はいつから?
自動運転ラボ

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車両の市販化が世界で始まっている。次の市販化のハードルは自動運転レベル4(高度運転自動化)となった。

独アウディ、12種類のEV投入を計画-米テスラに品ぞろえで対抗
Bloomberg

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディは、2025年までに主要市場で完全な電気自動車(EV)12車種を投入する計画を明らかにした。EVメーカーの米テスラよりも選択肢が多くなる

サムスン、折り畳み有機EL生産開始へ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

米政府が量子コンピューターに本腰、「12億ドル投資」の狙いは?
MITテクノロジーレビュー

量子コンピューターは、従来のコンピューターよりもはるかに高速に特定の問題を解くことによって、コンピューター・セキュリティや金融、その他の分野を一変させると期待されている。米政府は、量子コンピューター

伊藤忠、中国のEV技術2社に出資
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 伊藤忠商事は、電気自動車(EV)や次世代モビリティー技術で先行する中国のEV技術関連メーカー2社にそれぞれ数億円を出資する。EVスタートアップメーカーの奇点汽車(上海市)には近く数億円を出資する。

くらしとお金の経済メディア
RSS | LIMO[リーモ] | くらしとお金にまつわる経済ニュースをわかりやすくかみ砕いてお届けします

マイクロンは3300億円投じ工場拡張、ロームは福岡などに2400億円投資  IoT時代を迎えて車載向け半導体に国内外の関心が集中し始めた。周知のように平均単価が100万円を超える製品で1億台近く出るものは自動車以外では

日本人が経営する中国・深センEMSの可能性
ZDNet Japan 最新情報 総合

 中国のシリコンバレーとも言われている深センを訪問する日本企業が増えている。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)など最先端技術を駆使した新しいビジネスの動向を探る

ルネサス+Intersil+IDTの“三位一体”で新たな勝者へ (1/2)
EE Times Japan 最新記事一覧

高いシナジー  2018年9月11日に、IDT(Integrated Device Technology)を約67億米ドル(約7300億円)で買収すると発表したルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)。2017年2月に約32億米ドル(当時の為替で約3200億円)で買収を

自動運転、量子コンピューター活用 先端技術競う 自動運転が作る未来(26)
日本経済新聞 電子版

 自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー(つながる車)開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。特に目立つのは、オンデマンド配車

仕事の過半数ロボットが担う
共同通信

 【ジュネーブ共同】ダボス会議で知られる「世界経済フォーラム」は17日、人工知能(AI)やロボットの開発進展により、2025年までに半数以上の仕事はロボットなどの機械が担うことになると予測する報告書を発表した。2

国内景気、7―9月停滞 相次ぐ自然災害が影響 民間シンクタンク予測
日刊工業新聞 電子版

自然災害により、7―9月期の国内景気は停滞しそうだ。主要な民間シンクタンクの日本経済見通しによると、7―9月期の実質国内総生産(GDP)成長率が前期比年率でほぼゼロ成長との見方が目立つ。各社いず

 

[box06 title=”あわせて読みたい”][/box06]

 

勉強会のご案内はこちら>>