おはようございます。

やっと「タッチパネル」セミナーの第2回目をお伝えします。
前回は、タッチパネルの種類と市場規模を簡単にお伝えしました。
今回は、今後の技術的な今後の動向を簡単にお伝えします。
まずやはり「iPhone」ですね。ジョブス氏が5年は進んでいるといっていましたが、本当にそうなるかもしれませんね。というのは、iPhoneのよさは、静電容量式(独自特許もとっています。)で操作がし易く、マルチタッチができる事です。マルチタッチとは、要するに2本の指で同時に操作すること。ジェスチャー入力と言われるものです。あとは色々あるますがダイナミックUIであったりさまざまありますが、今日は割愛します。
あとは「タッチパネル」の動向として、デザイン性要求を満たすための「タッチウィンドウ」。要するに(横文字が多くて。。。。)携帯等の画面以外の縁などもタッチパネルになっており、物理的に稼動するボタンがなくデザイン性に優れているやり方です。(余談ですが、私の持っているHTC touch HDもそうらしいです。)
次に、InCell化です。これはタッチパネルのシートを用いず、液晶自体にタッチパネルの機能を持たせてしまうことです。これをするとタッチパネル屋は困ってしまいますね。でも様々な方法は長所短所があり今後は使い分けられていくのではという話でした。
今日は、ここまで。また明日以降少しづつ書いていきます。

ソリューション

ものづくり企業の経営力の視点
ものづくり企業向けWEBマーケティング
ものづくり現場の賃金評価制度
ロボット導入自動化コンサルティング
技術技能伝承コンサルティング

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧