【産業財・生産財(製造業商社)コンサルタント

 井上雅史のブログ「産業財・生産財コンサルティング.com」 】

 こんにちは。産業財コンサルタントの井上雅史です。
昨日のニューズ番組で、震災時のディズニーリゾートの対応について特集をしてました。

震災時としての対応として、すばらしいのはもちろんのこと、企業の組織文化として、人財として、すばらしいものを感じました。

ディズニーリゾートは震災対策として、年間180回の避難訓練等を実施しており、2日に1回はどこかの場所で実施しているそうです。想定している震災としては、震度6強で入場者数10万人/日を想定しています。また非常食を5万人が3~5日間過ごせる量を備蓄しています。非常食としては、お湯で作れるひじきの混ぜご飯です。

この様に、最悪を想定して準備をしていることがまず凄いですね。プラス発想は常に大事ですが、こと震災などに関しては、最悪を想定すべきですね。企業経営においては、震災だけではないですが。

震災にキャストが行なった行動としては、まず建物から全員でて安全確認をしている時、当日はかなり寒かったという状況もあり、ごみ袋や大きなお土産袋など寒さをしのぐ為に配れるものは、キャストの判断で配っていました。また頭を守るために、ぬいぐるみ(シェリーメイなど)もどんどん配ってました。これはキャスト(9割はアルバイト!!)の個々の判断で行なわれていたことは驚きです。アルバイトだろうが正社員だろうが、働き方自体は違うけど役割と思いは変わらないのが本来の姿であると改めて感じました。

また震災対策本部が、震災の30分後に社長をトップに出来ているのも凄いですね。

これらの行動の基本になっていたのが、「すべてはお客様の安全と安心のために」です。
この理念のもと、個々が考えて行動を実際にしていたということです。改めて凄い組織だと思います。

結局、2万人の人がディズニーランドとシーで一泊を明かしたのですが、その時、ディズニーシーの方が早く安全確認ができたので、シーへ移動して屋内へ移動することになりました。移動時、園外を通ると液状化している道路で危険なので、開園初のキャスト専用通路を通ったそうです。夢を売るディズニーリゾートが絶対に見せてはならないバックヤード。それを緊急時に、開園初でやってしまう柔軟さ。これも「べてはお客様の安全と安心のために」があるからだそうです。

キャストの行動・気遣いも「すべてはお客様の安全と安心のために」がある為に、色々な気遣いや、販売用のクッキーなど配れるものは配るなど実践されていたそうです。

キャストも震災者なのに、凄いです。

企業経営から見ると、
①「すべてはお客様の安全と安心のために」という理念がしっかりと組織の末端まで行き渡っていること。
②対策本部が30分後にできる、迅速な意思決定と行動ができる組織。
③最悪を想定して、実際にその為に訓練を日々行なっていること。
④理念のもとに従業員が個々の判断で行動できる企業文化
組織的な面から、今回はディズニーリゾートから学ぶことができたと思います。

======================================================
【産業財・生産財のコンサルティング分野(工場向けマーケット)】 
一般機械機器・産業機械(印刷機械、食品機械、包装機械、液晶・半導体装置、など)、セットメーカー・エンジニアリング会社、電子・電気機器、電機制御、機械工具商社、 修理・保全メンテナンス、電設資材商社、管工機材商社 など
【産業財・生産財のコンサルティング分野(店舗。事務所向けマーケット)】
 包装資材、紙器・紙工、印刷業 など
======================================================