◆コンサルタントの視点

20180708 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|製造業、外国人実習生頼み

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

製造業では、ベトナムの若者を実習生として受入れています。今や需要な労働力として活躍してます。

政府も実習生を10年間雇用できるように考えています。ただし、東南アジア諸国もGDPが上がり人件費も毎年上がり、

自国の経済をより強くするために労働力を必要としてきます。その為、他国へ出稼ぎに行かなくても、自国で働ける環境が年々増えていきます。また、日本と他国との人件費の差が年々縮まってきます。そのよう中、外国の実習生に頼ることが徐々に難しくなる現実があると感じています。

まずは自動化や標準化を進めて、ロボットや誰でもできる仕組みにしていくことが求められます。

製造業、外国人実習生頼みの現実「終身雇用したいほど」
朝日新聞デジタル

 深刻な人手不足を背景に、製造業の中小企業で外国人技能実習生の受け入れが広がっている。技能実習制度の前提である「日本の技術を途上国に移転する国際協力」を意識しつつも、労働力として制度に頼らざるを得な

空前のセンサ時代が到来。日本企業の圧倒的な強みとは?
The Economist: Finance and economics

 IoTの広がりとともに、センサ市場が爆発的に伸びている。富士キメラ総研の予測では、世界のセンサ市場は2020年度には5兆9755億円にまで成長すると見込んでいるが、これは2015年度と比べて18.

エアバスの巨大貨物飛行機「Beluga XL」、シロイルカがスマイル顔になってお目見え!
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

航空機に詳しい人なら、エアバス社の貨物機「Beluga」を知っているだろう。名称のBeluga=シロイルカに似せたデザインで有名だ。

人口1億人以上のインドの州で、プラスチック禁止令が施行される
TABI LABO

そんなニュースで真っ先に思い浮かぶのは、環境先進国とされる北欧の国々ですが、去る6月23日にプラスチック禁止令が施行されたのは、インドのマハーラーシュトラ州。

村田製作所、基幹電子部品2~3割値上げ 18年ぶり
日本経済新聞 電子版

 村田製作所は電子機器の基幹部品のセラミックコンデンサーを全製品で2~3割値上げする。スマートフォン(スマホ)の高機能化に加え、車の電子化、次世代通信規格「5G」設備で需給が逼迫しており、投資負担や

農機の自動走行、2020年までの実用化へ課題は
ニュースイッチ

 農林水産省は、ロボットや情報通信技術(ICT)などを活用した農業機械開発について、2020年までに遠隔監視による無人システムの実用化を加速する。農業用トラクターでは大手農機メーカーが自動走行システム

ボーイング、米中貿易摩擦でわずかなリードを失う恐れ (1/2ページ)
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 常に競合関係にある米ボーイングと欧州のエアバスへの発注について、中国は長年にわたり均衡を保つ努力をしてきた。しかし、ボーイングはトランプ米大統領の貿易政策に伴い世界2位の航空市場である中国でわずか

サムスン、4~6月期営業利益1.4兆円 スマホ需要落ち込み、予想届かず
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 韓国サムスン電子が6日発表した暫定集計によると、4~6月期(第2四半期)の営業利益は14兆8000億ウォン(約1兆4600億円)となり、ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均(15兆3000億

中小増えぬ夏のボーナス、人手不足背景 日本生命のアンケート調査
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 日本生命保険が6日発表した今夏のボーナスに関するアンケート調査で、「減った」と回答した割合は14.7%となり、「増えた」の13.8%を上回った。経団連は大企業のみを集計したボーナス支給額が過去最高

JR東日本が「Suica×モビリティ」事業 配車サービスも連携、巨額投資も
自動運転ラボ

JR東日本(本社:東京都渋谷区/取締役会長:冨田哲郎、取締役社長:深澤祐二)は2018年7月3日に発表した10カ年計画の中期経営ビジョン「変革2027」の中で、アプリや配車サービス、交通ICカード「Suica」などの多面的な活

 

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  2. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  3. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  4. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP