◆コンサルタントの視点

生産性向上を阻害する要因(罠)

製造業コンサルタントの井上です。

昨年から国の働き方革命から生産性向上と、世の中が徐々に変わりつつあります。
ただ、お上に言われてからやる日本らしさはそろそろ無くしていきたいものです。

生産性に関して、先日のNewspicks「Weekly 落合」で、落合陽一氏が日本とアメリカの生産性の違いについて述べていました。

「アメリカは日本の生産性が5000倍高い」

これは誇張した言い方でしたが、要は生産性が日本と比べて非常に高い。また、その理由が非常に参考になります。

落合氏が、TDKと共同プロジェクトを日本とアメリカで感じて述べてことです。

(そのプロジェクトはこちら → http://www.attractingtomorrow.tdk.co.jp/jp/ )

アメリカは、多様な言語・人種の人が参加しています。多様性が高い、それぞれの人がどの様な文化で育ち、バックグラウンドがあるのかを推し量りながらやることが難しく、プロジェクトに集まった人たちは、そのプロジェクトの「課題」に対して集中して行う。

その結果、「課題」に集中して、ディスカッションを戦わせて、論理的に展開していく。そして「答え」を導き出していく。

だから圧倒的に生産性が高くなる。

逆に、日本は同一文化で育った日本人で「課題」解決すると、その「課題」よりも周りの人がどう思っているのかを気にする。

「課題」よりも「空気」を気にする。その結果、「課題」解決が遅くなり、内容も最大公約数的な解決策になる。

今書いた日本人の「課題」解決の内容は、「平常時」の時です。

逆に「異常時」では、日本人は生産性が高くなる。東日本大震災の時や、もっと歴史を遡ると戦争へ突入したなど。

 

今まで確かに感じていたことですが、言葉にするとよりわかりますね。

 

「平常時」いいかえれば「平和な日常」で、いかに生産性を上げるか。

企業経営でも、当てはまりますね。

これに関しては、また書きたいと思いますが、上記の生産性を向上を阻害する要因は肝に銘じて、自分自身がその罠に陥らないようにまずはしたいと思います。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  2. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  3. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  4. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  5. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
PAGE TOP